« 2010年2月 | トップページ | 2010年7月 »

2010.04.27

キャプテンEO 東京に1年間復活!

いま、友人のmixi日記読んで知りました。

http://www.olc.co.jp/news_parts/20100426_01.pdf
東京ディズニーランドでは、2010年7月1日から2011年6月30日までの間、マイケル・ジャクソンさんが主演を務めるアトラクション「キャプテンEO」の再導入を決定しました

ぃやったぁぁぁぁぁぁぁああああああああっつつつつ!!!!!!!!!
オリエンタルランドさん、ありがとうございます。


果たして東京での再上映は。日経新聞に、米ディズニー社は検討中という記事が出た様子。6/15-28にミクロアドベンチャー!の休止が予定されてます。このタイミングには、間に合わなさそうかなぁ?・・・いや、4月くらいに発表があるんじゃなかろうか。ゴールデンウイークの混雑を、ちょっぴり梅雨の閑散期へと振り分けるためにも(^^)

アナハイムのキャプテンEO再開は・・・どんな様子だろ? - BigLoveの日記


ミクロアドベンチャー!の休止を、5/10からに早めてまでの再上映決定は、予想外でした。
50日もの休止期間。たぶん、プレショーエリアの改装や、レーザーとスモークの再設置まで、踏み込んでやってくださるんじゃないかなぁ。
しぶき、可動床、足元エアーも、活用するのかなぁ・・・


キャプテンEOに関しては、これまでたくさんの記事を書いてきました。
嬉しい。
ほんとうに嬉しい。
かなうべき夢は、かなうんですね・・・その実現が、マイケルが亡くなったことがきっかけなのは切ないけれど。


東京での最終公演の様子が、ニコニコ動画で観られます。あれから14年。
僕は・・・17年ぶりになるのかなぁ。
いったい、なにを感じることになるのだろう。
どきどきと、ちょっぴりの不安と。


準備が整い次第、正式公開日前に、一般のお客さんを入れての試運転をしてくださるかも。
もっとも近年、ライブエンタテイメントは予定日どんぴしゃに初公開なことも多いですし、キャプテンEOも、試験運行が必要な要素はなさそうですから、7/1まできっちりおあずけもしれませんが。
命日に、間に合わせてくださるといいなぁ・・・。


仕事第一主義・実用性重視の教育で、スパルタは戦争に勝った。でも、平和をどう活かせばいいのか判らずに衰退した・・・。日本も、戦前は富国強兵、戦後は経済戦争、それぞれかなりの成果を得たけれど、さて、生まれた自由時間や大きな裁量権を、どう活かしていいか迷ってしまっているのでは・・・。

脱産業社会に向けての課題(Ⅳ)―「レジャー概念」検討の自分史―


スターライトジャズ最終日の総スタンディングオベーションだって、ワクワクしてしまうような夢だったから、実現しちゃった。

実生活でも、これを応用したら、凄いことが起こせるはず。

権威や圧力で動かす・・・これがうまくいかないってことは、かなり理解が浸透してきて、企業でも、やれ気づきだの、コーチングだのということが広く言われるようになってきました。
でもねぇ、危機感をあおって気づきを促す・・・つい、これを多用しがち。僕自身も。すると、短期的にはなんとかなっても、ぎすぎすしちゃう。息切れしちゃう。ハリネズミになっちゃう。

ビジョナリアム


条件が揃うときも、揃わないときもあるだろう。結果はぶれるかも。そりゃそうだ、いつも新しい領域に挑んでいるのだから。より素敵にを目指して。
誠実に、輝かしく、やる。情熱を抱きつつ、執着を手放して、ありのままをしっかり感じながら。

失敗と成功と感銘


キャプテンEOのメッセージは、今も、そして、今だからこそ、意義がある。
僕はそう想っています。


(”これまでたくさんの記事を書いてきました”の一部(*^-^):)

Unlock your Dream ・・・ 夢よひらけ。
またまたキャプテンEO そして ミート・ザ・ワールド
TDLでの仮装の 素晴らしさと難しさ
NHK マイケル・ジャクソン音楽の軌跡:BigLoveの日記
マイケル・ジャクソン逝去:BigLoveの日記
キャプテンEOと私・・・another part of me:BigLoveの日記
ハロウィン:BigLoveの日記
いよいよBigLoveの時代が到来!?!:BigLoveの日記

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年7月 »