« フラガール | トップページ | トゥーンタウンにもベビーセンターがオープン »

2006.09.26

”好き”を極める

標題を変換かけたら、第1候補が「数寄を極める」だった。うん、なるほどそうだよね。
Ni-gata Traders ? | マジカルWikipediaツアーズ経由で知った記事。


――  昭和30年代の町並みと、そうした郷愁にも似た感覚が結びつくというのは、私などであれば想像がつきますが、そもそもそういう町並みを知らない今の子供には理解できないのではないでしょうか?

相羽  たしかに、何がそういう想いを呼び起こすのかは、人それぞれだと思います。今の子供だったら、ひょっとしたらファーストフードとか、コンビニエンスストアのお弁当にそれを見出すのかもしれませんし、テキサスで育った人、パリのど真ん中で育った人、インドの人・・・それぞれの何かがあると思います。でも、そのうちのどれでもいいですが、その世界を、その人が感じた通りにきちんと再現することができたら、それはそういう世界を共有していない人にとっても、何かしらの感慨を与える世界になると思います。

 世界中、いろいろなところにいる人たちが、それぞれの場所で感じている世界。大げさに言えば文化ということになるかもしれませんが、そういう感覚をどんどん表現していかないと、世の中は全部同じになってしまって、つまらないと思うんです。
イノベーティブワン~相羽高徳 氏(グラフィクス アンド デザイニング代表取締役会長)


テーマパークの意味と意義を、これほど”ど明確”に表現した言葉を、僕は知らない。
いやぁ、まさにこれだ。
そして、奈良ドリームランドが、「ディズニーランドをテーマにしたパーク」どまりで、そこから脱皮できなかったにも、このフィロソフィーが無かったからだろうなぁ。
だから、本物のディズニーランドが出来てしまったら、もはやテーマパークたりえなくなっちゃった。

やはり運の良し悪しではないのだということを、強烈に感じることとなった。   「同じ世代の人の中で、一番ディズニーランドについて知っている」「どうすればヒットするかはわかっている」「アイデアは次々生まれる」といった力強い言葉は、並大抵の覚悟で言えるものではない。   その言葉の裏づけになっているのは、「誰よりもテーマパークが好きだ」という自信、そして「好きなことを誰よりも追求している」という自信に他ならないのだろう。しかし、いくら好きなことでも、自分が一番だと断言できる人が、どれだけいるだろうか。

  相羽氏にとっては、好きなことについて「自分が一番だ」という自信は、誰しもが持っていて当たり前のものだと映るのだろう。だから、なぜ踏み切れないのかがわからない。

  好きなことを、適当に済ませない姿勢。それこそが、ラーメン博物館やガストの企画を呼び寄せたのであり、決して偶然などではなく、相羽氏の生き方が生んだ必然なのではないだろうか。
イノベーティブワン~相羽高徳 氏(グラフィクス アンド デザイニング代表取締役会長)


ニッチな部分であれば、案外世界のトップレベルって、極められる。
たとえば・・・さる焼き菓子の大量生産に関しては、僕はたぶん、世界で10本の指には入る製造技術者だろう。衛生的な状態で数週間連続稼動可能な膜分離式バイオリアクターの開発でも、一時は10本の指に入っていたはず。
でもね、10本の指に入るのと、世界で一番とは、はっきりと違う。この差って大きい。
ブレーキをかけずに、妥協せずに、とことん極めきることが出来るか。
ひと踏ん張りの差だけれど、これが大きい。振り返ってみて、そう想う。


さて、「世界一、ディズニーシーを楽しんでるゲスト」を極めるとするかな(*^o^*)

|

« フラガール | トップページ | トゥーンタウンにもベビーセンターがオープン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13349/12047181

この記事へのトラックバック一覧です: ”好き”を極める:

« フラガール | トップページ | トゥーンタウンにもベビーセンターがオープン »