« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.18

またまたキャプテンEO そして ミート・ザ・ワールド

ひとはみな、自分自身を通して世界を理解する。 全員、歪んだめがねをかけて、世界を眺めてる・・・とも言える。 めがねが違うから、おなじ世界が、ひとりひとり、まるっきり違って見えてる。 (中略) 根底から自分自身を縛っているめがねの歪みに気づいた時。 ・・・パラダイム・シフトが起きるなんて言い方をしますが 老婆が、若い女性に変身するなんて生易しいものじゃなくて。 キャプテンEO(ご覧になったことありますか?)で、廃墟のような街が、うるおい溢れた田園に一変してしまう、まさにあんな感じの衝撃を体験します。 世界そのものが、まるっきり違って見えるようになる。 BigLoveの日記:パラダイム・シフト

うつ病の多くは、はげしいめがねの歪み・・・認知のゆがみなんて言いますね、を伴います。 認知療法ってのがあるくらいで、めがねの歪みに気付けば、うつが回復に向かう例が多いそうです。

うつで自殺する人が、あまりにもたくさんいる、今の日本。
だからこそ、キャプテンEOを、ほんとは今、上映してて欲しいんだよなぁ。
あれほど見事に「パラダイム・シフト」を描写したファンタジーって、俺はほかに知らない。
意味などわからなくとも、あれを観ることで病気にならずにすむ人、回復のきっかけをつかむ人、きっとたくさん現れると想う。

でもね、今はむしろ、マイケル・ジャクソンのように、純粋に無邪気に人間くさく生きることが、難しい世の中になっているんだろうか。


そして、ミート・ザ・ワールド。

とうとう建物が、ばりばりと壊され始めましたね。
偏狭なナショナリズムを堂々と説くひとが多くなってきた今こそ、あのアトラクションの存在価値って深いと想うんだけどなぁ。


自殺が増えたのは。そして、ネット右翼が増えたのは。
実は、OLCのせいだっ!・・・なんちゃってね(^^;;;


OLCさん、御社は
・とても大きな社会的意義を果たしている
・貴重な財産を持っている
・それは気晴らしレベルなんかじゃなく、人生を左右するレベルだ
・・・ってことを、深く深く、知っていてほしいなぁ。知っていてくださるんだろうか。
そして、こういうたぐいの価値って、恩恵を受けた受け手側は自覚していないことが多いから、送り手側が意識して視点をセットしないと、その効果を数量化・評価できないんだよね。


神さまミッキー様、どうかこの文章が、テキスト・マイニングに見事ピックアップされて、OLCさんの目に触れますように(^^)
・・・いや、こんなマイナーな話題は、テキスト・マイニングの対象外だろうなぁ(^^;;;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.16

テキストマイニング

Ni-gata Traders ? | オリエンタルランドが特許出願経由で知ったニュースです。


お客様から寄せられた大量の自由記述文を統計的に分析することができ、お客様からのお褒めの言葉、要望、クレームなどをより深く理解することが可能になります。また記述内容から、テーマ特有の言い回しや熟語(単語の組み合わせ)が採取でき、表現したかったニュアンスが簡便に理解できます。
株式会社組織活性化研究所 組織活性化研究所は、オリエンタルランドとテキストマイニングにおける技術を共同で特許出願し、その技術を用いたテキストマイニングツールを販売します

以前、「web時代に沿った、ゲスト対応をしていかねば」みたいなインタビュー記事を読んだ記憶があるのですが。そのひとつの形が、これなんじゃなかろうか。

OLCさんに寄せられた手紙を、手入力で電子テキスト化・・・というよりはむしろ、Googleなどで検索することで得られる、BBSやBlogの莫大な感想記事から、傾向をつかむのに威力を発揮しますよね。
言い回しから、ヘビーリピーターの感想なのか、数年に1回行く人の感想なのか、どんな分野に興味を持つ人なのか・・・といったあたりまで、層別することも出来そう。
各サイト特有の言い回し・略語・スラング・専門用語も、ちゃんと一般用語に翻訳してくれるんだろうなぁ。

凄いことですよ、これは。
「あえて手紙を書く/電話する ほどじゃぁ無いな」という感想や意見を、運営や構想の糧にすることができるわけですから。

OLCさんだからこそ、率先して開発できる製品。
・・・「ディズニーランド、行ってきたよ!」って、多くの人がつい(^^)記事にしちゃう。
一方、OLCさんは「顧客満足を高める」ことが企業文化になってるから、どの方向にツールを磨けばどう活用できるのか、その効果はどれほど出るのか、明確に評価・判断できる。

そして、生活者を顧客とするすべての企業に、意義ある製品。

「幸せの巨大シミュレーター」が、またひとつ、社会全体にインパクトがある成果物を生み出した。そう言っていいと想います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »