« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.23

生ビッグバンド!!!・・・嬉しいニュース

アンコール!に代わって、10ヶ月間開催されるショーは、どうやら「生のビッグバンド」が登場する模様。
なるほど、数週間前に登場したプレスリリースを素直に読めば、そう読める。
ですが実は、あえて期待しないで居ました。「ミニーやマリーの歌声・・・ってことは、録音トラック主体かも」って。
これまた「夢はかなう」って信じてなかったんですよ。

だって・・・途方もない夢だもん!
これが、どんなに凄いことだか、貴重な機会だかわかりますか?
日本の音楽・エンターテイメント・テーマパークの歴史に残るような機会。いや、「世界の歴史」かもしれない。

「ビッグバンドが、1000人規模の常設ホールで、毎日数回、10ヶ月間連続公演。」

たぶん今、そんなことが可能な場所は、世界中でただひとつ、東京ディズニーシーだけ。
資金・顧客・プレーヤー・会場。この4つを揃えられる場所が、ほかにあるでしょうか。
・・・ひょっとすると、ラスベガスあたりには、あるのかな?
だとしても、全盛期を知る80歳代の方から幼児まで、幅広い聴衆が集まるなんてことはないんじゃなかろうか。


夢見てます。
幕が上がる。
そこにはきっと、熟達のプレーヤーたちが立っている。(いや、オーケストラ・ピットかもしれませんが)
そして、若手のプレーヤーたちも。
ウイントン・マルサリスや藤崎羊一さんのような、伝統を身体で学び、生きた音楽として発展させるプレーヤーが育つ。
そして、われわれ観客の耳も。


ビッグバンドっていうのは、もはや、とっても贅沢な存在です。
PA装置(マイク・スピーカー)が未成熟だったかつて=ビッグバンド全盛期は、あの大人数の編成に必然性があった。「オールラウンド・ミュージック・ボックス」・・・って菊地成孔さんは表現してたかな。万能伴奏装置としての需要があった。
今は・・・単なる万能伴奏装置ならば、人件費のかかるビッグバンドをあえて組む必然性は無い。MIDI音源一丁あればいい。インタラクティブ性を求めるとしても、各楽器1本づつにして、PA&リバーブでそれっぽく仕上げればいい。
クラシックのオーケストラも「オールラウンド・ミュージック・ボックス」だった。そしてやはり、実用としての必然性が薄れた段階で衰退しそうになったと聞きます。需要は減退、演奏後継者が乏しい、新しい作品が生まれない。でも、オーケストラという様式ならではの素晴らしさを知る人がたくさん居るから、素晴らしさを磨き上げようとする人がたくさん居るから、大変な苦労をしながらも、たくさんのプロオーケストラが、今、活動している。
ビッグバンドがそうなるか否か。今回の10ヶ月連続公演は、その転換点になりうる。


かつて、デキシーランド・ジャズは、すっかり忘れ去られた存在になっていた。
伝説の名プレーヤーたちが、活動場所を無くし、港湾や綿花畑での荷役や農作業で食べていた。
情熱を持った個人が、彼らを訪ね歩き、録音をし、ライブハウス(プリザベーション・ホール)を創り。
デキシーランド・ジャズの素晴らしさに、生で触れた人々が、後継者となったり、演奏機会を増やしたり。
だから、今わたしたちは、生きた音楽としてデキシーを聴くことができる。

20年ちょっと前。スイング・ジャーナルだったかで「今、日本で一番上手いスイングを聴かせるバンドは、TDLのバンドだ。客の前で毎日演奏する。これに勝る経験は無い」という記事を読んだ。
どんななんだろう・・・とわくわくしながら、はじめてTDLに行った。素晴らしかった。

今、アマチュアでスイングジャズを楽しむ人たちは、かなり増えているそうです。スイングガールズという映画もありましたね。
プロでは小曽根真さんが結成したビッグバンドがコンサートツアーをやったのがニュースになりました。
そして、録音とのあわせ技とはいえ、あのTDS「スターライト・ジャズ」の2000人総立ち。昨年のアンコールクリスマスバージョン終盤の、恍惚とするほど一体感のあるスイングした手拍子。
機は熟しつつある。そして、TDSにはスイングのノリを会得した観客がたくさん居る。

マルサリスがプリザベーション・ホールでデキシーに触れ、育ったように。
TDRでオールドスタイルのジャズに触れ、育った若手プレーヤーも居る。
彼らが、歴史の転換点になるステージに立ってくれたなら・・・それは、マルサリスがプリザベーション・ホールの世界ツアーに参加するようなもんだよね。

僕は、そんな姿に出会いたい。
それ以上の経験が積める場所なんて、ないんじゃないだろうか。
生まれ育ったホームグラウンドで、支援しようとするたくさんの人々に恵まれ、惚れ込んで人生をかけた音楽スタイルに、今を生きるプレーヤーが、現代の聴衆とともに、生きた息吹を吹き込む。
プレーヤーにとっても、TDRにとっても、客にとっても、それは素晴らしい機会=チャンスになる・・・。
それは、ジャズ誕生から100年、ビッグバンドの時代から70年を経た今、この日本だからこそ起きる、とっても深く、身に染み入るような体験になるんじゃぁないかなぁ。

今まで生きてきて想うこと。ほんとにそうなのかどうかは判りませんが・・・。
 1. 同じチャンスは2度来ない。
 2. なにを大切にして選んだか・が、そのまま結果になる。
 3. 2つの選択肢のうち、結果がどうなるか怖い&ワクワクするほうがあったなら。そちらがほんとに選ぶべき道。だってさ、創ったことの無い結果で、しかもその実現を心から望んでいるからこそ、どうなるか怖い&ワクワクするんだもん。
(怖いのと、ワクワクするのって、生理的には同じ現象なんだそうです。手に汗をかいたり、鼓動が早くなったり、胃に血液が集まったり、震えが来たり。脳みそが「怖がってる」とラベル付けするか、「ワクワクしてる」とラベル付けするかだけの違いなんだとか。)

この3つに即して。OLCさんは今回、ほんっとうに思い切った選択をしたなぁって感じます。
 1. TDS5周年、このチャンスならではの企画。人材が居る。TDSの熱烈なファンは居るけれど、もっと増やす必要がある。資金を投入できる。
 2. TDSの存在意義はなんなのか。過去5年の実績と感触をもとに、思い切って選び、明確に絞り込んだ。
 3. かつて例を見ないイベント。たぶん世界中のどこにも。すがるべき確実性や前例は無い。想定される顧客層の大半は、テーマパークに関心すら寄せていないであろう。新たなアプローチが必須。でも、成功したなら・・・TDSは世界のどこにもない存在意義を発揮することになる。

そして。
この思い切った選択が出来たのは、5年間の試行錯誤があったからこそ。
選び、実行し、結果を観、なにが叶ってなにが叶わなかったのかを把握し、仮説をたて、選びなおし、実行し、また結果を観。
この繰り返しを誠実にやってこられたからこそ、なにが「本当に大切なもの」なのかを、明確に形作ることができる。

僕自身の人生を振り返ってみて。
「あぁ、あの時、あちらを選択していれば・・・」って想う局面は、いくつかあります。
そしてたぶん本当に重要なのは、
選択を誤らないことではなくって、失敗しないことではなくって、
残念さと喜びとから、僕自身の「本当に大切なもの」を明確に浮き彫りにし、実現していくことなんでしょうね。


TDS5周年イベントが大成功を収めますように。
そしてTDSが、多様性の価値と共通性を体験できる場として、いっそう輝きを増しますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スティッチの大騒動

ずっと記事にしてませんでしたね。
気に入ってます。

D-popマジックの時は、シンデレラ城の仮囲いに目を向けさせない作戦だったと想うんですが、でも、目に入っちゃいますもんねぇ。今回は、パーク全体の雰囲気をいじることで、仮囲いをなじませてしまおう作戦。
落書きは、もっとそこここ派手に展開してもよかったかなぁと想います。が、まぁ成功してると僕は想います。

フリフリ・オハナ・バッシュ。初日に観た時は、踊りのキレが今ひとつで、なんかだるいパレードだなぁ・・・なぁんて想ってしまったんですが、次に観たら印象一変。ノリノリで大迫力。
フラダンスの、手話的な魅力も、たっぷり感じます。
ほんとは、夏休み期間までぶっ通しが似合いそうなパレード。水撒きなんかもできそうなコンセプトですしねぇ。

チャームプレゼント。想ったよりずっと立派でびっくりしました。でも、僕自身は物はもういいかなぁ。このためにわざわざランドで食事や買い物・・・ってのは、今回ほとんど意識してないです。うっかり引き換えを忘れる日すらあります・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.19

夢・不安・冒険、そして、信頼・・・東京ディズニーシー5周年 祝祭内容発表!

ごめんミッキー(^^;
俺、まだ疑ってたよ。「夢など、叶うわけがないだろう!」って。
こんな大それた夢、熱望してるけど、望んじゃいけないって。

大切な夢って、ほんとに叶うんだなぁ・・・。

リンク: 東京ディズニーリゾート:東京ディズニーシー5周年サイト


以下、鼻息も荒く、語りまくります(^^;;;
どうしてこれが、そんなに大それた、大切な夢なのか、も最後に。

This is TokyoDisneySEA !

TDR航海日誌: いざ、祝祭の海へ!.
まさに!その通りですね>KoZさん


「夢は叶う」ということを、舞浜はたぁくさん体験させてくれました。
たとえば・・・・・
デリシャスデイズ。「あぁ、この環境でのライブ演奏、素敵だなぁ。各エリアのテーマにそったジャンルのライブをやってくれたなら・・・」
→ホットラテンナイト。「わぉっ!!!しかも、メキシコの超一流ミュージシャンまで呼んで来てくれたよ・・・(ToT)凄いっ。あぁ、延長してくれたらなぁ・・・」
→なんと、ロス・トレス・アミーゴス延長公演。サンバのパレードも、リズミック・ピミエントスという形でレギュラー化。翌年は、キューバからティピコ・オリエンタルが。「こりゃ踊らずに聴いてらんね。あぁ、会場中が熱くなればいいのに・・・」
→ティピコ最終日の熱狂とアンコール曲の深い感動。そして、ベイサイドビートではユカタン オールスタンディングライブ!

さらにたとえば・・・・・
リズム・オブ・ワールド「会場全体で一体感を味わえたら・・・」
スターライトジャズ「2000人総立ちになったら・・・」
ポルトパラディーソ・ウォーターカーニバル「2万人で一体感を・・・」

・・・脳みそは、「無理。」って言ってました。「ゲストの要望、即座に取り入れるなんて無理」「こんな短期間じゃ準備は無理」「シャイな日本人には無理」「遊園地じゃ無理」「客層がばらけ過ぎてて無理」などなどなどなど。
でも、叶っちゃった。観えてしまった絵が現実になっちゃった。実体験しちゃった。
絵に描いた餅が、本物の餅になっちゃった。食べちゃった。

それはそれは素晴らしい味でした。想像をはるかに越えて。

そしてその場限りにとどまらず。
具現化された夢は、次への足がかりになりました。
より大きな夢を観ちゃう。そして、具現化しちゃう。より素晴らしく深い体験をする。


これだけ証拠を実体験してて、なお疑ってたんだなぁ、僕は。「夢は、叶う」ってことを。


「ディズニーシーの5周年、こんなふうだったらいいなぁ」・・・って、描いてはいました。
ただし、ひそかに。
だって・・・あまりにも大それてて、叶うわけ無いじゃん!
メキシコからトリオが来て、キューバからバンドが来て、ケープコッドにもアイリッシュなバンドが来て、ニューヨークではスイングジャズのレビューショー&小編成ジャズのライブ、アラビアでも・・・中央アジアやトルコの音楽って西洋音楽に大きく影響を与えてるみたいだから、それに触れられると良いなぁ。
おいしいものが食べられて、レギュラーショーが新しくなって。
それを、ほぼ1年間。
・・・無理無理、どっからお金持ってくるのよ。その費用に見合うだけのお客さん集まるかねぇ。1年やるとなりゃ、アーティストの手配だって大変。

でも・・・叶うといいなぁ。

いやいや、信じるのはやめよう。叶わなかったとき悲しいじゃん。
それに、そんなに幸せすぎたら、死んじゃうって。贅沢だって。駄目駄目っ。


ごめんなさい、オリエンタルランドさん。
今回発表された内容は、僕の「大それた夢」を、更に超えてました。

要塞でも、ベネチアでも、ミステリアスアイランドでも、やろうと思えばミニイベントできそう。もちろんポートディスカバリー・アラビアンコースト・マーメイドラグーンでも。企画次第で、いろんな面白さを味わえそうですね!
TDR三昧: ケープコッド・ジャンボリーナイト・・・どんなイベントかな!


順繰りに各エリア一年づつやってくれたら・・・と想ってたら、いっぺんに(^o^)。
33番埠頭でビールも飲めちゃう。
ケープコッドは水上特設ステージで狭さ解消。ミゲルズは”マリアッチ”を装わず"トリオ"。ユカタンは”サルサ”と銘打ちさぁ踊れ!
この思い切った企画を具現化するのに、どれだけのエネルギーが必要だったことか。
アトモスフィアショー削減も、TDLで夏イベントをやらないのも、ここへ向けての必然だったんですね。
そうかもしれない・そうであって欲しいと想いつつ、でも、口にするのが・・・怖かった(^^;

TDS5年間の素晴らしい体験。
それは確かに存在するものなのに、何万人ものひとたちが同じ夢を観、喜びを共有していると知っているのに、
その延長線上に、それを発展させる方向に、未来は当然描かれる・・・ってことを、なぜ疑っちゃったんだろう。

あまりにも、その夢が僕にとって大切だったから。


もう疑いません。
現場がどんなふうになるか、夢がはっきりと描かれています。絵がはっきりと観えています。
凄いよ。スターライトジャズが2000人、リズムファイナルが5000人、エテールノ!は20000人。そして今回は、TDS全域。多様なショー、それぞれの熱気。そして一体感。
最終回のみならず、はじめっから。そして、どんどん深く。


いや、疑うことは、これからもあるのかも。
不安が生じることは、これからもあるのかも。
疑いや不安に耳を傾けつつ、「なにが本当に大切なのか」を見据える。「どうなったらより素敵なのか」を見出す。
そうすれば、夢はますます素敵になる。体験はますます深くなる。

これまでも、そうでした。
そして、これからも。
「すべての”信頼”の根っこ」があるとしたら。
これがたぶん、それなんだろうなぁ。
すべてを信じる。疑いさえも不安さえも信じる。そして、夢を信じる。


オリエンタルランドさんは、TDSの5年間で、いろんな仮説を実証されてきた。
「こうなったら素敵かな」とデザインし、具現化し、反応を観、感じ、エッセンスを抜き出し、
より進化した素敵さをデザインし。
的を絞って、さぁ、大勝負。

食いついてくるであろう顧客層へ、どうこの大勝負を伝えるか・・・が、たぶん肝。
ベイサイドビートで、感触は掴んだことでしょう。
どんな工夫を凝らされるのか。それも見どころ。
成功すれば、TDSは安定した顧客を掴むことができるはず。そして、発展期へと入るのでしょう。

僕みたいなハードリピーターは、公式HPの文章と写真を観ただけで、体感記憶がリアルによみがえり、「おぉ、あの体験が再び」とうずうずしてしまう。
でも、そうでない方は・・・

多すぎてわかんねぇよヽ(`Д´)ノ ウワァァン ・・・ってのが最初の正直な印象です(笑) いくら期間が長いとはいえ、全部を見るのは不可能な気がしてきました。 う~~~~~ん・・・。
crescent moon.


というのが、とっても正直な感想でしょう。
・ホット・ラテン・ナイトwithティピコ
・ケープコッド・ジャンボリー・ナイト
・ザッツ・ディズニーテイメント&レギュラーショーリニューアル
・アラビアン&地中海
少なめに見積もって、スペシャルイベント4つ分の分量ですもんね!
さぁ、これをどうアピールするのか。
好みにバシッとはまった人は、きっとリピーターになる。
そういう人に、「行ってみようか」といかに想ってもらうか。


ある意味、拡大版リズム・オブ・ワールドとも言えるのかも知れません。
4大陸+NYのエッセンスを、1つの会場で体験させたのがリズム・オブ・ワールド。
TDS5周年は、テーマポートを使って、音楽・ダンス・食べ物・風景etcで、さまざまな文化をどっぷり体験してもらう。結果、多様性と同時に、共通性や相互影響も体験することになる。
もともとTDSって、そういう造りになってます。灯台。天文観測。建築様式。船の進化。様式は多様。でも、影響しあっている。それが感じられるような建築・小物・BGMなどなどなど・・・
歴史好きに、音楽好きに、建築好きに、園芸好きに・・・来て欲しい。興味がある領域と隣り合ったところに、たくさんの価値がある。関係ないと想ってた領域が、親しんだ領域と密接なつながりを持つ。

TDSといえば、9.11テロを僕は想い出します。グランドオープニングのわずか1週間後。
アリエルたちがショックを受け、舞台に立つことが出来ないでいる・・・と聞いて。


ディズニーのパークは、共感と笑顔を生み出す壮大な実験だなって思います。
そして、実際にたくさんの影響を世界に与えている。
そう。パークで起こることは、外の世界でも起こり得る。

舞台に立てないほどの痛みを感じておられることに、尊さを感じます。
どうかその共感を大切にしてください。
そして、より深い微笑を、より美しい世界を、創り出して下さい。

アリエルがあこがれたような素晴らしい人間の世界を、現実に築くために。
TDR三昧: 9.11とTDS


って祈りました。
その3年後、こんな文章を僕は書いています。


異文化を等距離に描いたパーク、TDS。 「国」ではなく、風土・時代・スタイルで、7つの「文化」を再現してる。 9.11テロの直前に開園したことに、歴史的な意義を感じます。
(中略)
これからも多様な「スタイル」の楽しさと、そこに流れる人類共通の「魂」とを実体験させてくれるパークであり続けてください。
そう、多様性は対立の種ではなく、創造の源泉になる。飛び込み、体験し、味わえば。
TDR三昧: 9.11とTDS


そしてTDSは、そんなパークであり続けてくれた。
もはや僕は、人種が違うから、国籍が違うから、言葉が通じないから、風習が違うから・・・と、人を差別することは無いでしょう。
そんな実体験をさせてくれたショーたちが、贅沢に集結し、10ヶ月にわたって連続公演される。
数百万人が体験する。
僕は、こんなにも大切な夢を、叶うと信じてなかったんだなぁ・・・・・。

脳みそは興奮してます。こんなふうに文章を書きなぐってしまうほどに。
でも、こころはすぅっと落ち着いてます。「ほら、やっぱり叶ったでしょ!」って感じ。
さぁ、楽しみだ!
その前に、終演に向け、日々素晴らしいことになってる「セイル・アウェイ」と「アンコール!」も、しっかり楽しんどこうっと。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006.05.14

Ni-gata Traders ? | 日本のディズニーランド(大問題)「奈良ドリームランド」が閉園

ついに,、その日が来てしまいました・・・。

「奈良ドリームランド」ですが、8月末で閉園が決まった模様


Ni-gata Traders ? | 日本のディズニーランド(大問題)「奈良ドリームランド」が閉園.

正直、USJよりも行ってみたい場所です。

私が生まれる一年前。画期的な遊園地・ディズニーランドにインスパイアされた遊園地として開園。
「日本で一番立派な遊園地」・・・というイメージ。横浜ドリームランドのほうが大きかったけれど、こちらは開園後まもなく、敷地を縮小してしまいましたし。
広島県の子供にとっては、「小・中学校の修学旅行で立ち寄る先」でもありました。
ところがですねぇ、母校は私の学年から行き先変更。
結局足を踏み入れないまま、今に至ります。

ディズニーランドに興味を持ってから、奈良ドリームランドについてもいろいろ調べました。
すんごい情熱と腕力と政治力で、あの時代にあの大きさのパークを具現化したんですね。
直営ホテルまで運営したのは、本家ディズニーランドをはるかに先駆けていた。横浜では、バス会社・タクシー会社まで。

・・・50年持たなかった。
半世紀、事業を続けるということは、なんと大変なことなんだろう。
千日前デパート火災・創業者死去後のお家騒動と、経営そのものに、ほんとに大切なものをないがしろにしていた側面は、あるのかもしれません。


OLCさんが買い取って、「50年前のディズニーランド」をテーマにしたパークに、してくれないかなぁ・・・。
いや、一から創ったほうが安いのかもしれませんが。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.05.01

東京ディズニーリゾート:大人のあなたにも、ディズニーを。:エンターテイメント:ストリートパフォーマーたちが繰り広げる「アトモスフィア・エンターテイメント」 (2006年5月)

東京ディズニーリゾート:大人のあなたにも、ディズニーを。:エンターテイメント:ストリートパフォーマーたちが繰り広げる「アトモスフィア・エンターテイメント」 (2006年5月)の、ショーディレクター 一ノ瀬 康介さんのメッセージ。「俺の生霊が憑依して書かせたんじゃないか」と想ってしまうほど(^^;;;一言一句、深くうなづきながら読みました。

ゲストはパフォーマーの息づかいが感じられるほどの近さでショーを見ることができ、パフォーマーはその視線に応えるべく、ごまかしのきかないハイレベルな演奏やダンス、曲芸を披露します。そのパフォーマンスはゲストの拍手や声援を受けてさらにヒートアップし、よりエキサイティングな演技に発展します。 こうした相乗効果が毎回のショーを、その時のオーディエンス(観客)としか味わえない、最高のエンターテイメントへとレベルアップさせてくれるのです。 (中略) パフォーマーとふれ合えるほどの距離感で、より親密なコミュニケーションがはかれるのも、このアトモスフィア・エンターテイメントの魅力のひとつです。特に子供たちにはとても身近な存在に感じられるようです。小さいお子様をお連れの方はぜひ目の前でショーを見せてあげてください。

アトモスフィアショーの魅力と価値を、スタッフはこんなに熟知して居られる。
唯一付け加えるとすれば「文化伝承」的側面。継続的な実演の場があってこそ、生きて受け継がれるものがある。たとえばデキシーランドジャズもスイングジャズも、その魅力に夢中になり、実演する機会を創出した先人が居たからこそ、今、私たちは生演奏に触れることができてます。日本においては、この20年強、舞浜が果たした役割は大きい。

当面、全廃はなさそうですね。
ラッフィングプレイスの元情報、今振り返ってみても、かなり確度が高かったですから、おそらく一旦は、ブラスバンド以外全廃と決まっていたのでしょう。
アトモスフィアショーならではの価値を知るスタッフの方々が、存続に尽力くださったのではないでしょうか・・・m(_@_)m

あとはゲスト次第。

ゲストのみなさんの参加なしでは成り立たない、
いわばインタラクティヴなエンターテイメント

だってことを、われわれゲストが心に留めてさえ居れば、現場はもっともっと素敵になることでしょう。年を経るごとに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »