« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006.04.29

TDS揺籃期の終わり

このゴールデンウィークは、東京ディズニーシーの揺籃期を体験する、最後のチャンスになるように想います。
このゴールデンウィークを最後に、私たちの愛した東京ディズニーシーは、そして舞浜全体は、新しい時代に入る。おそらくは大きく方向転換をする・・・。

ひとをたくさん使ったライブエンターテイメント。それがディズニーシー揺籃期の特徴だったと言えるでしょう。
アトモスフィアショーのみならず、レギュラーショー、そしてアトラクション扱いの2つのライブショー。
たくさんの出演者のライブパフォーマンスに支えられたショーが、ディズニーシーのグランドオープンにあたり、用意されました。ディズニーランドのステージショーやアトモスフィアショーを削減してまで。

何故か。以下は私の推測なんですが・・・
自動化されたアトラクションを建設するには、イニシャルコストがたくさんかかります。いきなり、ディズニーランドに匹敵する数・収容力のアトラクションを建設するだけの融資を得るのは、困難。しかも、期待したほどの集客が得られなかったとき、倒産の危機に陥ります。
ライブエンターテイメントは、ランニングコストは高い。しかし、イニシャルコストは抑えることもできる。実際の集客状況にあわせて、拡充したり打ち切ったりすることもできる。
ランドのショーを削減し、シーにショーを充実させれば、双方住み分けができる。
どのみち、テーマパークの話題性を維持し再来園してもらうためには、数年ごとにアトラクションを追加していくことが効果的。徐々にライブエンタテイメントとアトラクションを置き換えていけば、パークの運営費用は増大しない。見込まれるランニングコスト削減分と、集客力アップとを、融資申請理由にして・・・アトラクションを建設する。


ポルト・パラディーソ・ウォーターカーニバルは、とってもディズニーシーらしいライブエンターテイメントだと言えるでしょう。イニシャルコストもかなり高かったでしょうけれど・・・その出演者の多さ!100人ははるかに超えているのではないでしょうか。←数えてみたら、いるかジェットのドライバー・カイト操縦者を含めて、約150人。その1.5倍の要員が必要ですから、220人ほど在籍されてるはず。更に、操船やPA担当の方々もたくさん居られますよね・・・。

後継として用意されている、レジェンド・オブ・ミシカは、これを上回る規模のライブエンターテイメントになるのか。それとも、自動化が進み、出演者が少なくなるのか。僕はまったく知りません。イメージイラストを観る限り、ブラヴィッシーモ!のような、フルオートメーションなショーではなさそう。でも、ライブパフォーマンスの比率がぐっと下がったとしても、不思議ではないなぁ・・・。

違うシナリオもありえます。
レイジング・スピリッツは、あまり話題性の獲得や、ゲスト再来園の呼び水にはなって居なさそう。
タワー・オブ・テラーには大きく期待をかけているはずですが・・・こけるかもしれない。
ブラヴィッシーモ!は自動化を推し進めた画期的なショーだが、これまたゲスト再来園の呼び水にはならなかった。
保険として、5周年を機に、ライブショーに大きな投資をすることにした。ランドの夏イベントを取りやめ、アトモスフィアショーを削減してまで。
・・・ならば、今以上にライブパフォーマンス満載のショーになるのかもしれない。


いずれにせよ、ひとつの時代が終わる。
そんな気がしています。

シーならではののどかさ、一体感。
「ポルト・パラディーソ・ウォーターカーニバル」という、ひとのちからに支えられたショーが、もたらしてくれている部分は大きいように想います。
ブラヴィッシーモ!は素晴らしいけれど、ああいう全自動のショーが、リズム・オブ・ワールドのような一体感をもたらしてくれることは、あり得るのだろうか。・・・ん、ミート・ザ・ワールド最終回という実例はあったな(^^;
稀代の名ショーの終演が、輝かしくも素晴らしいものでありますように。そして、たくさんの人々が、無事体験できますように。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

スウィートハート・カフェ リニューアルオープン

TDLのスウィートハート・カフェが、06/4/28、ベーカリーとしてリニューアルオープンしました。

イタリアンのテーブルサービスレストランからの大変身。
あの素敵な、小さなガラス玉が連なったシャンデリアはそのまま。
しかしながら、「アイスクリームパーラー」のステンドグラスと、アンティークなオルガンは、なくなってしまいました・・・。

店のレイアウトは、TDSのマンマ・ビスコティ・ベーカリーから更に改善されてます。
1.  まずパンコーナー、そしてデザートコーナー・・・という配置なので、ついデザートにも手が伸びてしまう(^^;;;
2. パンコーナーが2列ではなく1列
3. レジ兼飲み物カウンターが4台。ここにQライン
まだ初日ゆえ、様子を観ながらの運営・・・という感じでしたが、たくさんのお客さんが押し寄せても、かなり手際よく販売できそうな店舗です。

改善が必要そうなのは・・・デザートショーケースが大きいため「注文する・・・別トレーに載せて、カウンター前に出してくれる・・・別のキャストさんが、ゲストのトレーに移しなおす」という手間がかかってしまう点。

パンやデザートは、ざっと見たところ¥300-内外が中心価格帯かな?
早速、下記のメニューを購入。
・ダークチェリーデニッシュ¥320-・・・パン生地は「焼きたて」って感じではありませんでしたが合格点。チェリーは美味しい!
・ドライフルーツのタルト¥350-・・・いちじく、アプリコット、プルーンが乗ってます。この内容でこの値段は安い!
・アイスカフェオレ¥252-・・・TDSの各店舗の様にコーヒーマシンで抽出され、美味しいです。

さらに友人から、一口づつ別けてもらったのが
・柑橘とチョコのケーキ・・・絶品!大人の味。香りも酸味も甘みも口どけも、バランスが絶妙。
・カスタードプリンとクリームのシュー・・・プリンはふわっとした触感。シューはぱりっ。どちらも香りが素晴らしい。

・・・デニッシュは、私、広島育ちでして、現アンデルセンのおかげで40年近く前から食べてますので、基準が厳しいかもしれません。
デザート、尋常じゃない美味しさ。こちらは私の舌が肥えてないのかもしれませんが・・・


あわせて、お隣のアイスクリームコーンも改装オープンしてます。
こちらは、通常のリフレッシュ工事(リハブと呼ばれてるやつですね)の模様。商品見本のショーケースが、カウンターに設置されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.08

TDR航海日誌: 次々にショーも終了

TDR航海日誌: 次々にショーも終了.・・・KoZさん、情報キャッチが相変わらず早いですねぇ!

リドアイル・ミート&スマイルは、まっとうに観た事がなかったかも・・・1度あったかな?
セイル・アウェイは、曲やダンスのジャンルが好みで、構成の巧みさも大好き。
アンコールは、数度、立てなくなるほど感動しました。今シーズンのクリスマスバージョンは、TDSミュージカルショーの、ひとつの到達点だったと想ってます。会場全体に鳴り響く、見事にスイングした手拍子。呼応して熱演する出演者。TDS開園以来ニューヨークエリアで次々開催されてきたスイングジャズを取り入れたショーの蓄積が発揮されていた。終盤いよいよ盛り上がり、こりゃ最終日はたぶん会場総立ちだろうなぁ・・・と予感していたら、案の定そうだったとの事。「来年、また体験すればいいや」が叶わなかったことだけが、心残りです。

取り急ぎここまで。
リズム・オブ・ワールドとシンデレラ城ミステリーツアーの、とっても満ち足りて暖かい最終公演を体験し、エテールノ公式ページの「大切なものは、心の中に永遠に残るんだ。」というキャッチコピーにじわっと来て。
これを元に記事書こうと想ってたタイミングだけに・・・面白いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »