« 脱産業社会に向けての課題(Ⅳ)―「レジャー概念」検討の自分史― | トップページ | ディズニーギャラリーで、ディズニードローイングクラスがスタート »

2005.05.09

ありがとう!リズム・オブ・ワールド2005

5/9の千秋楽、行って参りました。昨年は所要で参加できなかったので、リベンジ(^^)
前日の5/8、見納めとなるゲストも多く、ヒートアップ。連休最終日で空いてる舞浜の中で、NYだけが終日、黒山の人だかり。
千秋楽は、そこまでの混雑ではありませんでしたが、凄まじいエネルギーでした。

再演。大成功だと私は想います。
昨年の資産を存分に活かすことで、より素晴らしい体験を生み出してくれた。
リンク: ちゃっかリズム(笑)-PiccoloMercato.

今年のリズムは確実に 去年よりも素晴らしかった。 リピーターのゲストも多くいらっしゃったし、 CM効果か初見のゲストさんたちもノリがよかったし。 客席とステージの一体化。 肌で感じることのできるイベントでした。

私もまったく同感です。

初見のお客さんも、踊る気満々でやってきて。
で、リピーターがジャミターズでいきなり「うぉー!!!」とか叫んでるのに最初は驚き、ちょっとひいたりして(^^;
でも、「かけごえくださぁい!!!」で「フー」って叫んで(ここの構成がうまい!小さな声で参加を誘い、そして大きくぅ!)、ジャミターズ終わる頃にはすっかり「いぇぃ!」

そして本編。
昨年観た人も、4大陸の歌姫のシーンで、息を止めて見守る。静まり返る会場。ジーンと来ます。この瞬間、観客全体に深い一体感が生まれます。
最初、驚きの展開にあっけに取られていた初見のお客さんも、中央アメリカあたりで総手拍子、そして待望のダンス参加の後、フィナーレの紙吹雪ばーんで「ぅおぉー!!!」
・・・上空全体にきらめく紙吹雪が、もう芸術的に綺麗。余韻を残しつつ、出演者が挨拶をしながら去っていく。
歌姫シーン・中央アメリカの曲変更・4大陸メドレーの追加・まっすぐ吹き上がる紙吹雪。これら演出・構成の改良も、一体感の醸成に効果を発揮してました。

もひとつ効果的だったのが、アトモスフィアショー。
エントランス付近での、フラッグ&ブラスバンドによるショーと、アフリカエリアダンサー&4大陸パーカッション隊による「ストローリングリズム」。
すぐ近くで、出演者が熱いパフォーマンスを見せてくれる。その楽しさ!
結果、本編でも、出演者とゲストとが手を振り合ったり声援を送ったり、交流している姿をたくさん見かけました。


ショーコンセプトが素晴らしいだけに、そしてTDSとマッチしているだけに、恒例のイベントとして、毎年リニューアルを加えながら継続していただけたら、嬉しいなぁ!!!
もっとも、KoZさんのこの意見にも、うなづけます。
リンク: TDR航海日誌: リズム終了.

確かに、良いイベントだとは思うけど、毎年やるのはどうかと思う。確かに、中米エリアの音楽や、終盤のミッキーなど細かい違いはあったが、繰り返しは『停滞』には違いない。冒険と想像力の海に、停滞は似合わないから。

4つのエリアをごっそり換えるとか(大陸ではなくなるでしょうけど。まぁもともと中米が大陸かというのも(^^;) 各キャラの担当を入れ替えるとか 音楽も主動機は同じにしてもアレンジかけるとか

手抜きとか企画を考えつかなかっただけとか予算縮小とか(^^; そう言われないだけの手は加えて欲しいです。


たとえばもしも。まったく新規のショーを開発するのと同じ予算をかけたなら。すんごく贅沢なことや、斬新なことだって出来そう。そういえば昨年は、たしかジャミターズやフラッグがお休みの日もありましたよね。今年、出演者のシフトを厚く組めたのも、きっと再演効果なのでしょう。
完成度が高いだけに、「これ以上どこを改良できる?」とも想ってしまいます。でもきっと「予算さえあれば更にこんなことが・・・」って部分は、きっと演出・運営スタッフにはあるんじゃぁないかなぁ。

来年。きっとあるだろうと、私は想っています。
一番の理由は、今年の再演が大成功だったから。
そのほかは、もう、ささいなことなんですが・・・
1. ジャミターズの退場時の挨拶が、終盤「また来年!」になった。
2. 最終日のジャミターズ、ゲスト参加手拍子を、1-3回目は新しいリズムパターンであえてやり、ラスト回はいつものリズムパターンで「初めて出来たねっ!!!」、そして、去り際の口でさそうリズムパターンは、新パターンでやっといて「来年ねっ!」・・・つまり、来年のリズムパターンを1-3回目で披露。「練習しておいてね!またここでやろうねっ!」・・・っていう、粋な演出だと私は読みました(^^)
3. キッチンビート最終公演で、スパイスさんに「グッバイ」と挨拶したら、「シーユー!」<・・・あ、これはスパイスさんは継続だったから、あたりまえですね(^^;;;

根拠にもならないようなしるしですが(^^;、でも私の勘、過去的中しました。ブレイジングリズムしかり、ロス・トレス・アミーゴスしかり、ハロウインの仮装しかり。きっと今回も、当たります、うん!そして、今年以上にまた素晴らしい体験を、することが出来るはず。また逢いましょう>リズム・オブ・ワールド

関連記事
おかえりなさい!リズム・オブ・ワールド

|

« 脱産業社会に向けての課題(Ⅳ)―「レジャー概念」検討の自分史― | トップページ | ディズニーギャラリーで、ディズニードローイングクラスがスタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13349/4113240

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう!リズム・オブ・ワールド2005:

« 脱産業社会に向けての課題(Ⅳ)―「レジャー概念」検討の自分史― | トップページ | ディズニーギャラリーで、ディズニードローイングクラスがスタート »