« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005.04.26

マネジメントシステム 先輩・上司・監督機関の役割

リンク: 人を育てると言うこと by dstyle:daily news feed for disney-phile.

魑魅魍魎渦巻くディズニー系ブログには、他人に、特に「ディズニーに感心があまりない」人に勧めたくなるものもある。


そんな優良Blog2つ、dstyleさんとTDRの影を踏んでさんの記事に、
魑魅魍魎代表BigLoveの、素人さんにはお勧めできない当Blogからトラックバック(^^;;;

リンク: TDRの影を踏んで: 第9回 マニュアルどおりの行動は.
ジョイポリス事故を伝えるTV報道を見ての記事です。

元アルバイトなる人はこう言っていた。 「読んだマニュアルの中には、そういったことは書いてなかったです」(たぶん、こんなニュアンス)

はぁ? マニュアル読んでいるの?

↑というのは、ディズニーのキャストをやったことがある人しか、わからないだろう。キャストは一々マニュアルを読むことはしない。みんな、実地でおぼえるのだ。 (道具の名前とか、薬剤の希釈率とか、レジの操作方法とか、そんな紙はトレーニングの時には配られますよ)

「話してみせ、やってみせ、やらせてみる」
こうして、身体でおぼえさせていくのだ。マニュアルは、教える人が読むものなのである。


なるほどなぁ。僕の経験に照らしても、こんなふうに言える。
マニュアルって、創った人間が一番勉強になる(^^;
次に、教える人間。
教わるほうは、たとえ熱意ある人間でも、最初は文面だけじゃ理解できないもんね。現場で教わることの、予習・復習には使えるけれど。

で。
これって、ISO9000や14000など、ISOマネジメントシステムの根幹の考え方と似てる。
各国政府は、認証機関を認めるためのマニュアルを創る。
で、認証機関は、企業を認証審査するためのマニュアルを創る。
企業の内部監査チームは、職場を監査するためのマニュアルを創る。
職場責任者は、作業者の力量を評価する基準を創り、作業マニュアルを創らせ、教育対象を決め、教育結果を評価する。

そして面白いのは。
規格の要求事項や、審査項目って、具体的なやり方ではなく、在り方・考え方・枠組みを規定してる。
つまり、「なぜそうするのか」、が、まっとうかどうかを審査する。
「なぜそうするのか」がまっとうなら、「具体的にどうやるのがベストか」は、実務を担当する人が一番よく知っているから。
上部機関・上司・先輩に要求されるのは「見識」。なぜそうするのかがまっとうかどうか、そして採ろうとしている手段が妥当かどうかを見抜く見識さえあれば、当該現場の現況を実務担当者ほど綿密に知らなくとも、きちんと方向付けし、指導できる。

リンク: 人を育てると言うこと by dstyle:daily news feed for disney-phile.

マニュアルではなく、マニュアルで書かれていることの意味を学べ、という教育をしているというのは非常に正しい。


「なぜそうするのか」を問い、どうするのがベストか考えさせれば、具体的行動にしっかり意味づけが為される。
そして判断力が育つ。だから、予測されていない状況が到来しても、対応策を見出す力がつく。

リンク: TDRの影を踏んで: 第7回 環境にやさしいことは.

※読者の方から「OLCでISO14001認証取得を目指す動きがあったみたい」との情報をいただきました。さて、本当のところはどうなんでしょう。規格が変わるので、かなり面倒になると思うのですが……。


今、OLCがやっていることは、ISOのマネジメントシステムの思想と同じベクトル。
・・・というか、私、ISO認証取得に当たって、マネジメントシステムの思想を理解するうえで、「OLCではこうやっているよなぁ・・・」と照合することが、とっても役立ちました
ディズニーの要求事項と、矛盾点はほとんど生じないのではないでしょうか。
今すでに為されている業務に、さほど手を加えることなく、認証取得できると想います。

ISO14000で言う「環境」って、組織外すべて。水や空気だけでなく、たとえばひとも含まれます。
だから、「心の活力創造」をプラスの環境側面として捉え、注力すべき側面と評価することで、今OLCが日常業務で取り組まれているさまざまな改善や維持管理活動が、そのまま環境マネジメントプログラムになる。
書物などで読む限り、文書の最新版管理は弱いのかな?そのあたりを補強すれば、難なくISO14000取得できるように、外部から観てる限りでは想います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.22

プロメテオ復活

あぁ、今頃はネプチューンミッキーがひとしきり騒いで、去っていくところかなぁ。

改修工事を終えたブラヴィッシーモ!、どんな感じになったんだろう・・・わくわく(^^)
残念ながら、今日は観られないけれど・・・・・

あ!しまった。今日までがお休みでしたっけか。
どうなるんだろう。明日観に行けるかなぁ・・・。

4/23 観にいけませんでした。レポによると、強風バージョンでプロメテオからの炎の噴出はなかった模様。ライティングなどが変わっているようです。
4/24は観に行けそう。完全バージョンを期待!
つい先ほどの我が家の会話
私「プロメテオカッコよくなったんだって」
次男「イケメンになったの?」
私「そうそう(^^)」
長男「顔だけキムタクだったりして」

と、いうことで・・・4/24、観てまいりました!!!
微風。空にはまぁるい月。絶好の気候。
いわゆる正面ポジション、ミッキー広場立ち見4列目からの鑑賞。
4列目といっても、私の前はみなさん女性。すっきりくっきり、ショーの全景が見える素晴らしい環境でした。
もう、久しぶりに会えただけで嬉しくて。ベリッシー登場からもう涙。
私の周囲は、10人強の初見の大人の団体さん。全員、心奪われてました。
ベリッシーがターンするところ、音楽が少し短くなってます。初見だと全く不自然に感じないでしょう。ただ、音楽的には、あのリフレイン好きだったのでかなり残念。

そして。いよいよプロメテオの登場。
からだに霧をまとっています。その霧がぼーっと赤く輝いて、幻想的。炎の噴射パターンはほとんど変わっていないように感じます。が、霧のおかげで艶かしさが増した。エネルギーの塊がうごめいているように観えました!

二人が出会い、フィナーレへと。
「ぱぱぱぱぱん」と連射するパイロの打ち方が、少し変わったかな?
同時に2箇所ずつから打ちあがるようになり、華やかさが増しました。
爆裂パイロの後、盛大な拍手が沸き起こりました。

あまりに絶好のポジションで見てしまったので、すんごく良くて当たり前。
だから、改修工事の成果によるものなのかどうか、わかりません。が、ともかく感激しました。
そして、周囲のゲストもみな、口々に「感動した・・・」「いやぁ、凄かったなぁ・・・」「これは凄いわ・・・」

makimakiさんの、見事な写真付レポートをご紹介!ぜひご覧あれ。
海が赤く染まるとき-PiccoloMercato.
興奮冷めやらぬので-PiccoloMercato

何回か観て。はっきりと改善されています。
1.炎が、大きくなった・・・プロメテオも、海上も、炎がかなり大きくなってます。ガスを変えたのかな、バーナーを改良したのかな。
2.スモークを上手に使うようになった・・・プロメテオからも、ベリッシーや周囲の噴水船からも、かなりたくさんのスモークが出ます。
3.照明が鮮やかになった・・・2.と合わさって、特にプロメテオが艶かしく見えます。
4.火山の噴火が派手になった・・・これはもしかすると気のせいかもしれません

1点、残念なのは、曲が短縮されたこと。ベリッシーがターンするところで、リフレインが2回削られてます。で、同じモチーフが火と水が出会うところで使われていて、ここもリフレインを一回削ってあります。
ほかのフレーズを2回づつ繰り返しているので、これらだけ1回だととうもしっくり来ないなぁ。
そしてなによりも。
削られたリフレインは、ベリッシーが一人水面をゆくときの切なさ&優雅さと、それと対照を成す、火と水がであったときの歓喜&高揚とを、それぞれ高めていました。これがなくなったのは実に惜しい・・・戻してくれるといいなぁ(^^)

makimakiさんが、素晴らしい写真付の記事を立て続けにUPされてますのでご紹介。是非ご覧になってください。リニューアルされたショーの魅力が、きっとひしひしと伝わるはず。
火の精出現-PiccoloMercato
海を渡る風-PiccoloMercato
水の乙女-PiccoloMercato

関連記事
ブラヴィッシーモ!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.04.19

ケープコッド・ジャンボリーナイト・・・どんなイベントかな!

楽しみにしていたTDSの夏季夜間イベント(名称未定)、決まったようです!
青髭さんのBlogに記事が。
リンク: 海と街と王国と:夏季ナイトイベント.

夏季ナイトイベント いつの間にか決まってましたね。 「ケープコッドジャンボリーナイト」。流石にレイジングスピリッツネタではなかったようで、やっぱり「ホットラテンナイト」的な小規模イベントでした。内容的にはドラマティックのティピコ並みに素晴らしいエンターテイメントを期待します。


ソースはこちら(ヤフー特集ページより)
http://local.yahoo.co.jp/closeup0504/tdr/index.html


さぁ、内容を妄想(^^;だっ!!!
ジャンボリー・・・ですから、数種類のショーがあるのでしょうね。
公演場所は、ケープコッド・クックオフの室内に二つ(造船所ステージと、消防署エリア)、あと屋外かなぁ・・・。
造船所ステージは、「ドナルドのボートビルダー」をそのまま公演かな。夜だけ特別バージョンかも。
消防署エリアは、たぶん小規模のライブショー。従来パターンだと、1つのユニットが30分公演して、1時間強インターバルとって・・・の繰り返し。これが、ディズニーテイメント・アフターダークみたいに、3種のショーが入れ替わり立ち代り連続で・・・ってなると、面白いかも。
屋外は、ホットラテンナイトみたいなパレード形式かなぁ?で、クックオフ玄関付近のPA装置でメインショーをやって、また引き上げる。または、2-3ヶ所でアトモスフィアショーかもなぁ。シンデレラブレーションみたいな感じで。

音楽ジャンルは・・・エリアのテーマに合わせると、ブルーグラスとかになるのかなぁ。

リンク: 遊園地・テーマパーク@れあサイト:【速報!】ニューススレッド【ガイシュツ?】.

454 名前: KoZ 投稿日: 2005/04/19(火) 21:06:03

http://local.sp.yahoo.co.jp/closeup0504/tdr/index.html
↑ここの第2回にシーの夏イベントがチロっと出てました。
イメージ映像とは言え、ティピコ爺が出てたのが懐かしやら嬉しいやら。
来てくれるんかのぉ。


来て欲しいですねぇ・・・でも、難しいだろうなぁ。都会じゃないから、「世界の音楽大集合」って訳にも行かないでしょうし。
また素敵な出会いがあることを期待しつつ・・・。


(7/1 追記)
ケープコッド・ジャンボリーナイト、いよいよスタートしました。
さて、予想はどの程度当たったかな?読み返してみると、なかなか笑えます(^^;
・ボートビルダーは休演!これはびっくり。山のようにお客さんが来ても、キッチンがさばききれないと観たのか、両方満杯になるほどのお客さんは来ないと観たのか、キャラクター色は無しにしたほうが効果的と読んだのか。
・消防署エリアの室内ステージで小規模ライブショー。これは的中!
・屋外は細長ーいショーエリア1箇所に統合。PA装置は新設ですが、クックオフ玄関左の制御卓使ってるのかな?
・一つのバンドが、屋内・屋外のショーに両方出演・・・という公演形態は予想外でした!
・アトモスフィアショーは、ジャグリングを見かけました。室内・室外とも。
・ブルーグラス・・・ではないですよねぇ(^^;;;アイルランド系の音楽の流れ、ちゃんと学んでみようかな。ポップスのひとつの源流なんですよね。
・フィッシュ&チップス!ナイススペシャルメニュー。料理のことは、まったく予想からはずしてましたねぇ。でもこれは、大いに楽しみ。

また、全体像を把握してから、再度はずれ具合を検証しよっと(^^;

(7/5追記)
屋外のショーも観たところで・・・
・ブルーグラスやカントリー&ウエスタンっぽい曲も、屋外ではやりますねぇ!アイルランドから渡ってきた音楽が、どう変遷していったのか掴めるような曲構成です。
・屋内でアイリッシュバンド、屋外でジャグリング・ブラスバンド(ディスカバリーミュージックトゥループが変身)・アイリッシュダンス、これが2サイクルって感じ。ブラヴィッシーモ!のあいだは、インターバルがあるっぽいですが、あとは切れ間なく続きます。ステージ2箇所に別れてますが、PAで全体に音を回してます。
「ザッツ・ディズニーテイメント アフターダーク」の運営方法で、席が選べる・料理食べられるって感じ。う!あの日夢見た、理想じゃぁないか・・・(ToT)

すっごい贅沢を言えば。夜の部は、テーブル席になってて、食事しながら鑑賞できたなら・・・・・(^^)
そっか、プラザパビリオンレストランって、そういう点では絶妙の設計なんですねぇ。あんな感じだと理想だなぁ。雨が多い日本に向いているか否かは別として(^^;
ザッツ・ディズニーテイメント、凄すぎっ(スニーク・レポート)

しかも、「踊る・かぶりつきで聴く・ビール飲みながら眺める・・・の3種の席がお好みで選べます」ってわけですね。素晴らしいっ!


これまでのイベントで「こうだったら素敵だなぁ」って観た夢が、たぁくさん実現してます。
つまり・・・
アイリッシュ-カントリー系の音楽をモチーフにした、
1箇所で3つのショーが楽しめ、音響が素晴らしい「ホットラテンナイト」
食事が出来る「アフターダーク」
踊る・聴く・眺めるが選べる「ティピコ・オリエンタル」
・・・それが「ケープコッド・ジャンボリーナイト」(^^)。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.04.15

ロック・アラウンド・ザ・マウス

DL開園50周年記念イベント、「ロック・アラウンド・ザ・マウス」がスタートしました。
4/14、スニークがあったそうですが、行けず。4/15・16と行って来ました。

DLが開園した1950年代がテーマ。
フォトロケーションもバナーも舞台も、色合いがカラフル。丸っこい車。そしてロックンロール!
明るさと暖かさと希望!!!って感じ。
フォトロケーション、夜はネオンカラーが綺麗です。

キャッスルショー、4/15初回は、抽選に間に合わず、オムニバス付近のパレードルートで座り観。
選曲、ロックンロールの王道って感じ(^^)いいっ!!!さすが名曲・名演奏。それに比べると、今回のオリジナル曲は微妙にリズムがモダンで揺れが少ないかなぁ・・・。
やがてカーレースに。車がぼってりしてるのが残念。塗装やディテールは綺麗です!ま、あんまりリアルだと漫画っぽくならないか。
2回目は中央後方鑑賞席から!カラフルで綺麗です。印象が一変したのは曲。ダンスと一緒に観てると、昔の名演奏よりも、今回のオリジナル曲のほうがノリが気持ち良い!・・・ほほぉ。
4/16は、プラザパビリオン横から川越しに見てみました。舞台前でなにやってるのかはよーく見えますね。でも、ビートが左右スピーカーからズレて聞こえてきちゃうので、ノリにくいです(^^;;;

さて。とっても気に入ったのが、レッツ・ロック。トゥモローランドテラス・ステージでの生演奏によるロックンロールショーです。バンドメンバー5人は全員外人さん。太いグルーブのロックンロール!しょっぱなから、自然に手拍子が沸き起こります。立ち見客は軽く踊ってたり。
ダンサーさんも気合入ってました。スティッチもおもろい!
ゲスト参加ダンスのあと、立ちっぱなしでフィナーレにしちゃえば、もっと盛り上がるんだろうなぁ!!!でも、みな優しいから、後方に遠慮してすぐ座っちゃいます。偉い!
夜20:45の回までありますから、こりゃ平日も会社帰りにどうぞってことですね(^^)

4/15簡易レポ 大賑わい!
4/16簡易レポ 立見席明確化で快適に。
4/17簡易レポ あこやさんと踊る!
4/18簡易レポ 背広で大騒ぎ(^^; 立ち見最高!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »