« いっとくの戯言書庫:なぜにシーは落ち着くのか | トップページ | ビジョナリアム »

2005.03.02

着ぐるみと私(^^)

私もかつて、「着ぐるみ」が苦手でした(^^;;;
その頃の私の気持ちを、見事に代弁してくださっているかのような記事を見つけました!

So-net blog:あれこれ考えすぎる私の淡白なblog:かわいげのない女

何が苦手って、ミッキーたちが苦手です。
あの、中に人が入ってるやつ。
ぬいぐるみとか人形とかはかわいいと思うんやけど、
人が中に入ってるのは、どうテンションを合わせたらいいかわからんねん。

彼らは、いっさい無言であるにもかかわらず、常にすごいハイテンションやん?
まだ、「おー!よう来たなー!」とか口で言ってくれたら、
「おー!来たでー!」ってハイタッチでもして返すんやけど、
無言でテンション高く来られても、こっちはかえって引いてまうねん。

さらに、あのちょっとメッシュ状になった部分が気になるわー。
あそこから、中の人物がこっちをメッシュ越しに見てるわけやろ?
中の人物の目を想像すると、さらにテンションが下がってまうねん。

しかも、どうでもいいやつらやったら無視するからいいねん。
でも、あの人らめちゃめちゃがんばってるやん?
すーごい運動量やし、何といっても老若男女の夢や希望を
失わせたらあかんという、絶対的な使命のもとに働いてるわけや。
そこに、真剣でかつ熱いものを感じるねん。

そう思ったら、むげに扱うわけにもいかんやん。
そやし、できることならこっちもテンション合わせたりたいねん。
でも、どうにもできひんねんーーー。


そうそうそう!そうなんですよ!!!
なもんですから、入口なんかでせっかく出くわしても、子供達と仲良く握手する姿を遠巻きに眺めたり、写真いっしょに撮ったりする程度。あとは、舞台やパレードで踊っている姿を眺める・・・。

年間パスポートが値上がりする・・・ってえので、駆け込み初購入。
1週間くらいしてからかなぁ、昼下がりにふらりと出かけました。
入口ゲートをくぐってすぐ、ワールドバザールに入る手前。ソンブレロをかぶった赤い雄鶏のキャラクターが、ぱたぱたとやってきました。
すると。前を歩いてた50代の素敵な紳士が。「おぉ!パンチート!!!元気かぁっ」とハイタッチ!
「なんだおまえ、また拳銃忘れてきたのか?」
うろたえてホルスターを探る雄鶏。
「まぁいいか、ここは平和だもんなぁ(^^)」
照れる雄鶏。
「相棒はどうした?」
・・・・・・・・普通に会話してます。会話が成立してます。どっひゃぁ!!!
いいですか、とっても素敵な、非の打ち所の無い、50代の紳士が・・・ですよ。しゃべらない着ぐるみと、なごやかに、学生時代からの友人とばったり出会ったかのごとく。そのまんま会話を続けてます。
こ、こういう世界があるのか・・・・・・衝撃でした(^^;

ところが。
私がそんな世界に足を踏み入れる日が、あっさり来たのはそれからすぐ。
あれはアメリカ川の岸辺で。前歯が抜けた息子に、カウボーイ風の衣装を着たリスのデールが、”あっ、歯がぼくと同じだぁ!”とジェスチャーでしゃべりかけてくれました。
「へぇ!・・・もしかしてチップとデールって、前歯が違うの?」
”うん。僕はほら、2本でしょ、チップは1本”
「そっかぁ!それで見分けられるんだぁ!!!他に違いは有る?」
"鼻が違うんだ。僕は赤いでしょ、チップを観てごらん”
「あっ、黒い!」
"そうそう(^^)"
・・・・・気が付くと、ごく普通に会話してました(^o^)

能面がいろんな表情を持つがごとく、ディズニーの着ぐるみキャラクターも、頭を小刻みに動かすことで表情を出している。そのことには以前から気づいていました。感心してた。でもねぇ、いざ会話してみると、もう感心というレベルじゃなく、自然。ほんっとうに自然。表情筋があるかのごとく。言葉がしゃべれるかのごとく。

会話が交わせるようになってみると、これが想像を越えて楽しいんですよ。
名前を知らないキャラクターも居るので、息子達はサイン帳を買い、ひととおりサインしてもらって、名前を覚えました。からかわれたり、からかったり、遊んでもらったり、モデル代請求されたり(^^;
そうなってみて、あらためてショーやパレードを観ると、彼らには実によくゲストが観えてる。泣いてる子、一所懸命手を振るひと、持ち物やしぐさ。ぱっと見つけて反応してる。ミッキーはなるべく満遍なく笑顔を振り撒きますし、ミニーは隅っこや裏から観てるゲストにも、ちゃんと気づいて手を振る。キャラクターそれぞれ、ちゃんと個性がある。

で、あるときふと腑に落ちました。
映画の中のミッキーは、たくさんの人が絵を書き、命を吹き込んでる。
パークを歩いてるミッキーも、それとおんなじなんだ。
表現手段は違うけれど、まぎれもなく本物。

以来、たーくさんの楽しい想い出があります。
たとえばディズニーシーのオープニングセレモニー。
加賀美OLC社長、アイズナーWDC会長、ロイ・ディズニー。そうそうたる首脳陣のスピーチの最中、ふと望遠レンズで、各キャラクターの乗る船を眺めました。おぉ、みんなピシッと晴れがましく立ってるなぁ。一番遠く、200mかなたのドナルドは・・・・・ん!頬杖ついてだらしなく「長いなぁ、まだ終わんないのかぁ・・・」ぷぷっ!!!
それからかなり後。シェフミッキーというレストランでドナルドに会ったとき、その話をしたら”げっ、ばれてたのか!!!・・・・・だってだってぇ、話がこーーーんな、こーーーーーーんなに長いんだもん"と、おたおた・・・。


うそ!信じられない!!!とか想ってるアナタ!
明日はわが身かもしれませんよ。
着ぐるみと親しく会話が交わせるようになるかも。時にはどつき漫才さえも演じられるようになるかも。
その日は突然、アナタにもやってくる。・・・・・・・かも(^^)

|

« いっとくの戯言書庫:なぜにシーは落ち着くのか | トップページ | ビジョナリアム »

コメント

こんばんは。
トラックバックしてくれはってありがとうございました。
読んで感動しました!
おぉ、そうか!
そうやって会話したらいいんや!!
でも、多分私はおびえてしまうと思います。
でもでも、そんなときはこの記事を思い出し、
勇気を振り絞って会話してみます(笑)!
楽しい記事、ありがとうございました♪

投稿: まいっちんぐ | 2005.03.12 01:55

いらっしゃいませ!コメントありがとうございます!!!

うん、普通おびえますって。そもそも顔、ぼくらの5倍位でかいんですから(^o^)
よく3歳くらいの子供さんが、びっくりしておお泣きして、ミッキーおろおろ・・・という場面を見かけます。で、ミッキーと一緒に居合わせたみんなであやしてるうちに、みんなミッキーと親密になったり。

まいっちんぐさんにもいつの日か、ミッキーたちと漫才級の会話を交す瞬間が訪れます様に!!!
・・・へへへ、こっちへいらっしゃぁい(^w^)

投稿: BigLove | 2005.03.12 03:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13349/3142041

この記事へのトラックバック一覧です: 着ぐるみと私(^^):

» テーマパークは、作り物。そして、本物。 [TDR三昧]
リンク: STARWELL-Blog【Hoshicolu!】: こういう突っ込み [続きを読む]

受信: 2005.11.03 21:20

« いっとくの戯言書庫:なぜにシーは落ち着くのか | トップページ | ビジョナリアム »