« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005.02.08

ディズニーギャラリー 20周年展示終了

ディズニーギャラリーの展示がやっと新しくなるみたいです。 (中略) 今の展示は3月10日までで、22周年の4月15日にオープンするもようです!D-TIMES◆Blog:ディズニーギャラリー
おぉ!なんと・・・いよいよ終わっちゃうんですねぇ。 ディズニーランドに行くたび毎回・・・ではないですが、2回に1回は立ち寄ります。 都度、新しい発見があったり。

「この日、世界ではじめてディズニーパークに・・・・・」の写真とか、
初代エレクトリカルパレードの電球の実物とか、
ディズニーランドがやってきた!のCMやポスターとか・とか・とか・・・
パークで生で体験できたものもあれば、
実体験できず、CMや記事で遠いパークに想いをはせた時代のものもある。
どちらもそれぞれ、違う趣の感慨深さがあります。

丁度2/7にも、観てきたところ。静かでよいですよぉ!画廊のような雰囲気。
何度も訪れておられる雰囲気のゲストが数名、初訪問のゲストも数名。
展示開始当初の、人にあふれ熱気むんむんな雰囲気もなかなか素敵でしたが(特に一番奥のプロジェクター。観てる人それぞれの思い入れがひしひしと感じられて。時には見知らぬ同志、居合わせたほぼ全員でパラパラを小さく踊ってたり(^^))、今はしんみりじっくり観ることが出来て、これまた得がたい空間になっています。

古いCMや記録映像を流しているTVのブラウン管に、年号の数字が焼けついてるのを観て、そして、スタンプラリーの台紙が、小さく簡易なものになってるのに気づいて。「あぁ、もうそろそろ展示終了かなぁ・・・」なんて想ってた所に、D-TIMESさんの記事を見つけました。

あと1ヶ月。未見の方は、ぜひ一度ご覧になってください!おみやげ物買うのにも、穴場ですよ(^^)
そして僕も、残り少ない日々、しっかり展示物に触れて、歴史とそこに込められた想いを感じておこうっと。



■TDLディズニーギャラリー、現在の展示3月10日まで
ぎゃ――――――――!なんてこったぁぁ!!
今の展示、大っ好きなんですよ。今TDRで一番好きな場所はココですから。
Word Life !:気になるディズニーネタを、いくつか。

一緒一緒(^^)

展示物カタログ(DVD付)を売ってくれないかなぁ・・・。
いや、それよりも、25周年・30周年と、あのディズニーギャラリーで再会できる方が素敵かな。


TDL20周年。
まずディズニーギャラリーが、ものと映像・・・で、幸せなフラッシュバックを体験させてくれて。
そうそう、ミニシアターのワンマンズドリーム映像、「あぁ、ここで切るかぁっ!!!」という、「もっと観たい」感をつのらせるような編集で、「まるで予告編だなぁ、もしかして再演?」なんて妄想してました(^^)
すると、リメンバー・ザ・ドリームで、音と踊りによる、体感記憶のフラッシュバック。うわぁ、やられたぁ・・・
そして、ワンマンズドリームII。振り付けは変わったけれど、すだれカーテンの再現(^^)

幸せな体験は、思いもよらないほど深く、体感記憶されている・・・
そしてその体感記憶は、いろんな形で、ありありと呼び出すことができる・・・
ということを、まざまざと教えてくれた、ここ2年のTDL。僕の人生観をおそらく大きく変える、とっても貴重な学びでした。本当にありがとう!!!

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005.02.06

第3ディズニーホテル詳細発表!

ゾーニングが、趣味 兼 お仕事なもんですから、第3ディズニーホテル開発の発表があって以来、どこに建つのかなぁ・・・といろいろ妄想してました(^^)
建設位置と開業時期がついに発表。
新たなディズニーホテルの開発について
ううむ、さすが。700室!!!で9階建て・・・であるならば、確かにそこがbestですねぇ!!!!!

3rdHotel
イメージイラストから、大体の平面図を妄想しました。これまた、さすがっ!
6割強の客室から、シンデレラ城が望めそうです。パークと反対側の客室も、半数以上が葛西臨海公園と都心が望めそう。
1-2割の客室だけが、普通に建築したら京葉線しか見えないお部屋になってしまう・・・ところを、うまぁく建物に凹凸をつけて囲まれ感の有る前庭を造り、魅力的な眺めとなるよう工夫してあります。

9階建てとなると、ホテル屋上の塔は、パークのそこここから見えることでしょう。が、尖らせてあるので具体的な大きさを把握しづらい。実際よりも遠くにあるように見えて、パークの拡がり感を演出するのに効果的なはずです。

3rdHotel2
まてよ、こういうレイアウトもありうるよなぁ・・・床面積は大きくとれ、資材搬入口も目立たないようにしやすく、尖塔もパーク内からより見えにくくなり、シンデレラ城が見える部屋が増えます。しかしその反面、京葉線と湾岸道路しか見えないお部屋が出来てしまいますね。ううむ、どっちだろう・・・・・。

モノレールや立体駐車場よりも低い1・2階は、レストラン・ショップ・宴会場といったパブリックスペースになるのでしょうね。TDLエントランスの正面という好位置ですし、立体駐車場からの動線にもするのかもしれませんし(雰囲気ががさついてしまうのと諸刃の剣ですが、ロビーの配置とデザインを工夫すれば解決可能でしょう)、アンバサダーやミラコスタのレストラン・ショップよりもはるかに高い利用率が見込めそう。TDL園内の混雑緩和にも効果大。

さて、こうなると、リゾートライン内側の駐車スペースは、丸ごとTDL拡張用地として確保できるわけで。これまた将来が楽しみです!

現地を見てきましたぁ!
3rdHotel39階建て(今駐車場に建ってる照明塔の約3倍の高さ!)となると、パーク側から見た時に、前者のレイアウトではかな~り圧迫感がありそう。客室からの眺望はいいでしょうけれど・・・。
700室を3-9階に造るとしたら、各階100室平均。ならば、後者のレイアウトで全室パークビューも可能そうです。
建物をほぼ現実的な大きさにして書き直してみると、こんな感じ。

06/1/23追記

この配置だと・・・モノレール駅下中央に、ホテル中庭とパークを結ぶ通路を創ることも出来る。3rdHotel4 3hotel53hotel6
いっそ、チケットブース&ゲートを、TDSみたいな形に移設すれば、「パーク一体型ホテル」にしちゃうことも出来るぞ!
でもまぁ、ホテル客の優先入場は、ゲストリレーション脇の特別ゲートが使えば可能だし、そこまで大掛かりな工事はしないかなぁ・・・と想ってました。この記事書いてすぐに、チケットブースの修繕も行われましたし。

でもですねぇ、いざ工事が始まってみると、案外広範囲をいじり始めてて。

リンク: れあサイトBBS.

妄想族 投稿者:みゅ 投稿日:2006/01/16(Mon) 15:23 No.10090 TDLチケットブース前、左右の植え込み(駐車場寄り、舞浜駅寄り)のスリム化・・・・ 中央にホテルからの専用通路みたいなのが出来るからなのかな・・・と妄想。

そうなんですよね、なにやらチケットブース前の植え込みまでいじり始めた。
そして先日、ミッキーPのみならず、ドナルドPのモノレール内側も仮塀で囲んじゃった。昨年盛り土と舗装のやりかえをして、水はけを改良したばかりなのに・・・。
新ロッカールームも、バスターミナル側ピクニックエリア脇に出来上がりました。単なる増設かもしれないけれど、時期から観て、ホテル建設とも関係あるのかも・・・。

もしかしたら・・・ホテルーTDL連絡通路は創るのかも。

そしてひょっとしたら、チケットブース移設も。
TDLってチケットブース-ゲート間が狭いので、混雑日にはチケット購入列と入場待ち列が判別つけにくくなっちゃってます。スリム化した植え込みの外側に新チケットブースを、内側に新ゲートを配置すれば、TDSと同等のゆとりが持てそう。
すると、イーストサイドレセプションあたりが、今のゲストリレーションの役割を果たすことになります。
東側のお土産やさんとロッカーは、園内に取り込まれてしまいますが、新設ロッカーは園外になりますし、お土産はボンボヤージュがある。

駅エレベーターの1階出口が園内になってしまいます。移設できるような場所が、あったかなぁ?そして東西自由通路もどこかしらに必要だろうなぁ・・・都度駅に上がって!というわけにもいかんだろうし。モノレール沿いに陸橋?ホテル内に自由通路?・・・うーん。

結局、駅中央2階に、ホテル-TDL連絡高架通路を創るというのが、一番簡単そう。
でもどうせお金をかけるなら、ぐっとTDLのキャパシティを拡張できそうな、ホテル-TDL一体化のほうが楽しいなぁ。
今回すぐに実現できなくとも、連絡通路を地べたにして、自由通路を高架にしておけば、将来一体化することはできるなぁ。

投資費用やキャパシティ増以前に、一番検討しなければならない問題は、「入園者全員がまず、ワールドバザールからシンデレラ城を眺める。そして、シンデレラ城を背中に帰路に着く」・・・というTDL体験の構造が変わってしまうことでしょうね。
ゲートから入園すると、エントランス広場。海側にワールドバザールの入り口、山側にホテルの中庭への入り口。どちらも小さな入り口をくぐって入る形になりますから、それぞれ別世界という感じで、収まりがつくような気がします。でも、エントランス広場に大掛かりなアトラクションを配置するのは、もしかすると避けたほうが良いのかもしれませんね。

・・・などと、妄想をたくましくしている今日この頃です。果てさて、どんな形になりますことやら。とっても楽しみ!

06/01/24追記
妄想ディズニーランド一体型ホテルのGoogle Earth用オーバーレイファイルをつくってみました。Google Earthユーザーのみなさん、御笑覧ください!・・・現時点ではまだ、Google Earthが2バイト文字を使ったフォルダ名、ファイル名に対応していません。そのため、ユーザー名が日本語だったりすると、クリックしても「読み込めません」エラーが出ます。その場合はリンクを右クリックして、TDL_Hotel_I_imagined.kmzファイルをC:\などに保管してから、開いてくださいませ!
駐車場側チケットブースは、半分を仮塀で囲んでリハブ中。やっぱり、ブースの撤去移設はないかなぁ・・・。
チケットブース前の植え込みスリム化は、大混雑時に待機スペースとして使ってきたドナルド駐車場を仮塀で囲んだため(たぶん、資材置き場?)の措置なのかも。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.02.04

大切なもの

自分用下書きメモを、推敲中のまま公開。
論理がジャンプしてるし、用語もまだ不適格な部分がありますが、突っ込み歓迎(^^)

経営品質

利よりも信
ES(従業員満足)がCS(顧客満足)につながる

感性と感情
感性は、皮膚感覚に近い。
本質・クオリア・・・を感じ取ってしまう。それが感性。

感情は、感性にも影響されるけれど、それ以上に固定観念やコンプレックスや思い込みに左右される。
感情は、己の成り立ちを知る糸口になる。

自分が感じたことが、どこから来てるのかがわかるようになること。 生の現実をそのまま見ているのか、固定観念に左右されてるのか。 どんな価値基準に照らして、適・不適を判断しているのか。 http://d.hatena.ne.jp/BigLove/20041223#p1
前者は感性、後者は感情

正直に生きる・・・感情に正直に?感性に正直に?
「言い辛い」という感情に正直になり、伝えるべきことを伝えない・・・という生き方も一つ。
「こうなったら素敵」という感性に正直になり、いいづらさを超えて、相手に伝わりやすい表現を工夫し、素敵な現実を創出する・・・という生き方も一つ。


本質は、比較を超えたところにある
損得で語れるような「欲」は、どうやら実は、重要ではない・・・金銭欲、愛欲、食欲、名誉欲 etc
欠けているもの、足りないものを埋めようとあがいても、手に入るものは損得で語れるような価値だけ。本当に大切なものからは遠ざかってしまう。
知足。

シンデレラ城を見て「あぁ!」と感じるなにか。グラナダを聴いて雷で打たれたように動けなくなってしまうなにか。スターライトジャズ最終回、2000人総立ちのあの会場のエネルギー。ティピコ・オリエンタルから伝わるなにか・・・そこには、絶対的価値がある。どう批判されても傷つかない。比較を超えてしまっている。本質があらわになっている。

宇宙には「良い」状況も「悪い」状況もないと、第一に理解しなさい。すべてはあるがままにすぎない。 第二に、すべての状況は一時的だ。そして、それがどちらの方向に変わるかはあなたしだいだ。 ニール・ドナルド・ウォルシュ著 神との対話 第3章
ほんとうにしたいことを、どんどんしなさい!ほかのことをしてはいけない。 もう、あまり時間はない。生活のためにしたくもないことをして、人生の時間をむだにしようなどと、どうして考えるのか? ニール・ドナルド・ウォルシュ著 神との対話 第12章
自分が素敵だと思える状態を、そのままに創り出す事に集中する。そうしてはじめて、本質がありのまま表現される。 基準は己の中にある。記憶でも、経験でも、知識でも、観念でも、感情でも、他人でも、組織でもなく、己の感性こそが、なにが素敵かを知っている。

「幸せ」をテーマにしたパーク。ならば、出演者が幸せであることはとっても大切。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »