« DREAM RETREAT:雨がくれたハピネス | トップページ | ワンマンズ・ドリームII »

2004.07.01

ミート・ザ・ワールドを観られなくなって2年・・・

一昨年の6/30の閉鎖から、はや2年。
生活の場とパークとのつながりを感じさせる要素は、以来欠けたまま・・・・・。

子供が大きくなったら、孫が出来たら、そして私自身も折に触れ・・・あのアトラクションを観たい。復活を切に望んでいます。

現実とのブリッジがあるからこそ、ファンタジーは、プラスの力を発揮する。
佐世保の事件だって、神戸の事件だって、ファンタジーと生活実感が乖離してたからこそ起きたんじゃぁないだろうか。

関連記事
ミート・ザ・ワールド閉鎖に寄せて
ミート・ザ・ワールド最終日(2002/6/30)レポ1
ミート・ザ・ワールド最終日(2002/6/30)レポ2
ファンタジーの力

ミート・ザ・ワールドがどんなアトラクションだったか・・・
LOVE*MEET
MTW 4everをクリックすると、とても充実した紹介記事があります。
東京ディズニーランドの壁:アトラクションミート・ザ・ワールドの思い出
入り口ホールの音楽にのせ、外装と劇場に入るまでが写真で紹介されてます。


2005/3/11追記

おがりんのお気に入り~★:【DLRP】さよならビジョナリアム
前回9月に行ったときにもクローズしており、今回もクローズだったため不審には思っていたのだが、どうやら2004年9月5日から休止しているらしい。「ミート・ザ・ワールド」同様、再開予定なしのクローズだったらしいのだが、このたび後継アトラクションがどうやら決まったようだ。

後継アトラクションは、東京同様Buzz Lightyear's AstroBlasterらしい。

(中略)

ヨーロッパの歴史を恐竜時代から(笑)未来まで時間旅行するこのアトラクションは、東京で言えば「ミート・ザ・ワールド」にあたり、アメリカで言えば「the Hall of Presidents」「Great Moments with Mr. Lincoln」にあたる。


おがりんさんが、ビジョナリアムに下さったコメントによると、香港ディズニーランドにも、中国の歴史を語るようなアトラクションは無さそうとのこと。

夢の世界と、自分たちが育った実社会とのリンクって、「夢を現実にする」ことがテーマのパークには必要不可欠だと想うのですが・・・。

|

« DREAM RETREAT:雨がくれたハピネス | トップページ | ワンマンズ・ドリームII »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13349/879326

この記事へのトラックバック一覧です: ミート・ザ・ワールドを観られなくなって2年・・・:

« DREAM RETREAT:雨がくれたハピネス | トップページ | ワンマンズ・ドリームII »