« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004.06.28

DREAM RETREAT:雨がくれたハピネス

感謝って、ハピネスを創りだす根底なのではないでしょうか。
そんなことを想い起こさせてくれる、素敵なエピソードがDREAM RETREAT:雨がくれたハピネスで紹介されてます。

多分、こんな感動は今後パークでどれだけ素晴らしい「完璧な」ショーをみても得られないと思います。

世の中に、あたりまえのことなんてないんですよね、きっと本当は。

関連記事
幸せは、自分次第(^^)
暴風雨でも楽しい!
ライブショーと観客

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004.06.27

::dpost.jp::◆ディズニーファンサイトブログ談義

ブログというものの存在を知ったのは今年の初め。一体それがどんなものなんだか、使うことでどうなっていくんだか、説明読んでもよくわからなかったんだけれど・・・行き着いた理解は「ふむ、要はdpost.jpさんみたいなもんか?」
それは、当たってたなぁと、最近つくづく感じます。
そんなdpost.jpさんの記事をご紹介。
::dpost.jp::◆ディズニーファンサイトブログ談義

blogってRSSもあればトラックバックもあるわけで、「リンクは前もって連絡してね!」があり得ない(blogはリンクされてナンボ)と勝手に思ってますが

私もそう思います!

掲示板には、手軽にスピーディーに発信・意見交換できるよさがある。
個人サイトには、各人の個性を前面に出して、当人の志向をとことん追求できるよさがある。推敲したり、再編集したり、記事を深めることもできる。

dpost.jpさんのリニューアルを見たとき、「あ、こりゃ素敵!!!両方のよさを取り込むことができる。やり取りの中で、各人の志向がどんどん深まるかも」と感じ、興奮しました(^^)。
ただ、登録ユーザーになって、記事を書くのは敷居が高いなぁとも思いました。コンスタントに、ある程度のレベルの記事を書かなきゃ・・・なんて自分にプレッシャーをかけそうで。

自分でBlogを運営すれば、そのへんは気楽。書きたいことがあれば書く。下書き状態でもとりあえず書く。トラックバックやリンクで、書きたいことが深まったり、意外な発展をしたり。

いやぁ、まだまだうまく使いこなせていないんですが・・・・・。
何をコメントにし、何をトラックバックしてエントリー起こすか、自サイト内のリンクをどう整理するか、まだまだわけわかめですし、RSSはまったく活用できてません。
そんな状態の僕でも、「やり取りの中で各人の志向が深まる」という、dpostさんに気づかされた可能性を、今、体験しつつあります。

特に面白いなぁと感じるのは、認識のズレの効果。
たとえば、Aさんの記事を読んで、僕がぜんぜん違うことを連想する。その連想から、Aさんがまた違うことを連想し、アイディアを発展させる。
Aさんと僕が観てるものは、すこし範囲が違ったり、角度が違ったりしているんだけれど、それが相互に思いがけない発想・ひとりでは考え付かないアイディアを生む。サイトが独立してるので、話題が一致しないことがまったく障害にならない。
これは、掲示板や、記事へのコメントにはなかった展開のように感じています。
現実生活では得てしてこんな形で発想が生まれるのですけれど、それがwebで起こせる。となると、飛躍的に発想の機会が増える。自分という人間のエネルギーが、それに追いついていけるかが課題かもしれません(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.14

バズ・ライトイヤー「夏の大作戦」

いやぁ!脳天気で楽しいっ!!!
進行を担当するトレーナーさん、さすがだっ!!!!!
城前がメインですが、パレードルート沿いも、かなぁり濡れそうです。特に風下は。
予告アナウンスでも「濡れる」と警告(^^)
行動記録

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2004.06.11

CD「東京ディズニーシー ザ・ライブ~エンターテイメント・ミュージック」

表題のCCCDが、8/18に発売されるそうです。
舞浜狂 - 東京ディズニーリゾートの周辺知識さんの6/9付け記事で知りました。

いったいどんな内容なんだろう・・・いろいろ検索かけたんですが、わかりません。2枚組みなのは判明。

アトモスフィアショー・ミスティックリズム・セイルアウェイのライブ録音集だと、いいなぁ・・・・・熱望してます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2004.06.10

熱演と観客

もう20年近く前。スイングジャーナルだったかに
「今、日本で一番うまいスイングジャズバンドは、TDLのバンドだ」
「ゲストを前にしての連日の演奏。それに勝る経験はない」
ってな記事が載ってました。古い記憶なので、正確じゃないかもしれませんが・・・。

ですから数年して、初めてTDLに行ったとき、スイング聴くのがすっごく楽しみだった。で、期待にたがわぬ見事な演奏に心躍りました。

スイングのレギュラーショーが消えて、何年になるでしょうか。でも、もっと豪華に復活してくれた。それが今TDSでやっている、ザッツ・ディズニーテイメント アフターダークのメインショー「スターライト・ジャズ」です。
バンドも、ダンサーも、素晴らしい!しかも、公演を重ねたことによる余裕が、ステージングに・音に、どんどん発揮されてます。切れがいい!遊び心がある!楽しい!!!

そして、なにより頭が下がるのが、レギュラーメインボーカルのお二人(テリー&ポリシア)。あんなにシャウトする歌い方で、毎日2回のステージ。どれだけ喉に負担がかかることか・・・。
CDを買った人が「つまんない」といいます。代役さんの時「なんて下手なんだ」なんて声を客席で耳にしました。
そうじゃない!!!それが普通の歌い方なんです。
レギュラーの二人が、尋常じゃないのだ(ToT)!!!!!連日・毎ステージ、あんなにシャウトしてくれるなんて・・・

僕は都度、絶賛せずには居られない。

女性の代役さんも、シャウトしてくれるようになりましたね。ステージングも見事でした。バックステージで、かなりリハーサルされたと思う・・・・・。
・・・演者にそこまでやらせてしまうのは、観客が素晴らしいからだ・・・と僕は観ています。
熱心に聴き入るゲスト、うっとりと見惚れるゲスト、ノリノリで楽しむゲスト、歓声をあげるゲスト、映像作品を残そうとするゲスト。心から楽しんでるのが演者にもわかるから、より素晴らしいパフォーマンスが出る。
左右端ブロックの最前列から見ると、演者と観客とを側面から同時に観る形になります。すると、観客と演者のあいだに素敵な循環が生まれるのがよく観えます。盛り上がったときは、もうはっきりと。

演者にとって、怖い環境でもあります。年間パスパートのせいで、連日ステージを観ることが出来てしまう。手を抜くと判ってしまう。常にベストを尽くす必要がある・・・現に、尽くしている。
だから。楽しみましょう!賞賛しましょう!それが観客の権利であり、義務だとさえ言えます。より素敵なステージを生むことにつながるから。

関連記事リンク
ライブショーと観客
「ザッツ・ディズニーテイメント アフターダーク」2日目 スタイルの価値・魂の価値

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004.06.08

ディズニー・「まったり」ズム実践モデルプラン TDS編

TDSをいかにまったりと楽しむか。そのモデルプランをJack's Lament: それは一通のメールから始まったでのご要望に沿って、立ててみましょう!
(雨のTDL編は、とりあえずこちらを)

TDSはパーク全体が巨大アトラクションみたいなもの。全てがスイスファミリーツリーハウスやトムソーヤ島以上の創り込みです。人が居ないところ・居ないところを探検して歩いて、景色と出会いを楽しむ。そんなつもりで居れば、どんな状況下でも楽しいです。

まず、混雑してない日を選ぶ・・・
TDSなら、今、たいてい空いてますよぉ!!!
最近の例外は、晴れた月曜日。運動会や授業参観の代休で、母子連れが大挙押し寄せます。
一番ガラガラになるのは、日曜の夜です。スターライトパスポートで夕方から入場しても、殆どのアトラクションを回れます。ロストリバーデルタなんか、もう雰囲気たっぷり。
連休は、遠方から予定を立てて来るゲストが多いため、雨でもまぁまぁ混んでる事がありますが、普通の土日や平日なら、朝、雨が降ってればもう、これまたガラガラです。


そして。
入場制限がかかるほどの大混雑日でも、「まったりズム」を実践すれば楽しめますよ!例えばこんなモデルプラン・・・・・

開園時間にゲートへつき、奥地へ走るゲストを横目に、まずエントランスでキャラクターとゆっくり挨拶。
ミラコスタ下をくぐって「おー!海だ(^^)」、すぐ左の通路をくぐって「うーん、静かなベネチア(^^)」。
続いてゴンドラ。
今日行きたいレストランが予約可能な所ならば、予約取得。
そしてNYを散策して、バーナクルビルズのソーセージパイか、ブリーズベイバイツのうきわまんでも食べれば、丁度ケープコッドから蒸気船一周コースの第1便が出る時間。
以上いずれも、大混雑日でも朝一番だけは10分ほどの待ち時間。これで園内の概要はつかめます。

それからおもむろに、レイジングスピリッツかインディかストームライダーのファストパス(以下FP)を取得(このころには列が短くなる)。
・・・・・ここまでで開園から2時間くらいでしょうか。

で、FPの時間が来るまで、散策しながら、出くわしたアトモスフィアショーを楽しんだり、待ち時間の短いアトラクションに乗ったり、要塞を探検して大砲を撃ったり、マーメイドラグーンの遊び場うろうろしたり、街角のあれこれを観察したり、お店を覗いたり。もう他のFPの待ち列も短くなってることでしょう。
メインショーは、あらかじめ観たいものを、ある程度リストアップしておくとよいです。ミスティック・リズムとアンダー・ザ・シーとブラヴィッシーモ!は男性にもお勧め。
レストランもTDLよりキャパシティーが大きいため、12時-14時を外せば、さほど待たずに済むはずです。テーブルも大きく、創り込みも高度なので、居る時間そのものを楽しみ、ゆっくり休んでください。
で、人気アトラクションは、FPがぱっと取れたときか、シングルライダー列か、夜遅くか、がら空きの日に・・・。レイジングスピリッツ以外は5分待ちで乗れるはずです。もちろんゆっくり並ぶも良し。待ち列のいろんな創り込みを観察する・・・という楽しみ方もあります。

さてさて。
”TDS入園したら、まず初めに昼と夜のご飯の予約とファストパス取得”ってのが、よく言われてる「必勝?!?法」パターンのようです。開園と同時に、せっかく出迎えてくれてるミッキーたちには目もくれず、たくさんの人たちが奥地へとひたすら走っていく・・・最近は減ったのかしらん?
「絶対に絶叫系はひととおり乗りたい!」なら、それもいいでしょう。でも、おんなじ行動をする人が圧倒的に多いです。
結果、開園から2時間くらいは、ミステリアスアイランドとロストリバーデルタは大混雑。
しかも、そんなに絶叫するようなアトラクションではないので、「がんばったわりには、つまんなかった・・・」ってことになるような気がします。そもそも、園内は走らないほうがいいですよ。あぶないし、道中楽しめないから。

一方、朝のうちはメディテレーニアンハーバーとアメリカンウォーターフロントはがらがら。のんびりしてます!
そこここで、アトモスフィアショーにも出くわせると思います。

FP取得列は、ショー開催中などに、「すっ」と短くなることがあります。
・・・センター・オブ・ジ・アースだけは、短くなりにくいですが。どうしてもこいつに乗りたいなら、どこかで覚悟を決めてFP並ぶ必要あるかも。

夜になると、メディテレーニアンハーバーに人が集中し、
マーメイドラグーン・ロストリバーデルタ・ポートディスカバリーはかなり空きます。
閉園までいられるなら、インディやストームライダーは、ブラヴィッシーモ!後がいいかも。
アクアトピアも、夜がきれいです。


間違った「必勝法」パターンにしたがったせいで、「TDS面白くなかった」といってる人が多いんではないか・・・と、私、想ってます(^^)
TDSって、お手洗いも広いし、涼しい遊び場はあるし、レストランはゆったりしてるし、アトラクションの待ち列は室内が多いし、ショーのキャパシティは大きいし、アトモスフィアショーやキャラクターグリーティングは多いしで、TDLよりもぐっと快適に混雑期を過ごせるはずです。


2005/8/11 レイジングスピリッツのオープンに伴い、内容をアップデートしました。
関連記事
TDRでの行動プランの立て方

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ミュージシャンズ・オブ・デルタ最終公演

TDS開園当初からの名アトモスフィアショー、今日で最終公演だったようです。淋しくなります・・・。
彼らは一日数回の公演、すべて違う内容で演奏してました。橋の上で祈ったり、カヌーに乗って演奏したり、ミゲルズ店内を巡ったり、ピラミッド前で踊ったり。
今日は17時の回のみ、観る事ができました。佳かった。素晴らしかった。

ミニー・オー!ミニーでやってる、カポエラでしたっけ、格闘技ダンス。あんな感じのを、さらに輪をかけて大迫力で、繰り広げてくれました。蹴りのみならず、レインスティックを使って、棒技やったり。

集まってたファンが、またいい雰囲気で・・・。ゲスト参加も、素晴らしく盛り上がりました。

最後、太鼓たたきながらぶんぶん回る曲を、あれは特別に追加でやってくれたように思います。

あんな難しい楽器を、あんなに多様に、あんなに激しく動き回りながら、いい音色で・・・・・
超人のようなミュージシャン。再会できる日があることを祈っています。

今日の行動記録

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.05

キッチンビート登場

TDSに新アトモスフィアショーが登場しました。
かつてTDLで大人気だった「ジャミターズ」が、3年ぶりに帰ってきた!!!まずはTDSのスペシャルイベント「リスム・オブ・ワールド」の前座として。そして、今度はシェフに変身してレギュラーショーに復活。その名もキッチンビート。台所道具を使い、激しく楽しいパーカッション演奏を繰り広げます。ネタ満載(^^)

桜やバーナクルビルズの前で公演するようです。
目撃報告

あ、これと同時に、新スナックも登場。
美味しいものを売ってるのに、いつも空いてるバーナクル・ビルズ。
ソーセージパイを売り始めました。卵味のパイ生地で、ソーセージをくるんでます。今回も、安くて美味しい!ユカタンソーセージドッグ・うきわまんともども、ギョーザドッグよりもずっと、お勧めです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.06.03

幸せは、自分次第(^^)

幸せを生み出す仕掛けでいっぱいのTDR。
なのに、なぜか楽しめない日もあります。
おかしいなぁ・・・と振り返ってみると、自分の中の、なにかが違っちゃってることに、はっと気づかされます。
「楽しまない」「不幸で居る」ってことを、無意識のうちに決意してるんです(^^;;;

自分のことは、得てして後から振り返ってようやくわかるんですが、
楽しめてない他人のことは、客観的によーく図式が見えたりして。そんな一例を・・・。

20周年のキャッスルショー、ギフト・オブ・ドリームスでのこと。
中央鑑賞席は抽選制。大人気でなかなか当選しません。
ある休日、立見席当選して「ぃやったぁあー!!!」・・・このところ落選ばかりだったんです(^^;;;
開演1時間前には入場開始できるのですが、現場についたのは開演45分前。もういい場所は埋まってるかなぁ・・・と思ったら、子供でも障害物無く舞台を見通せる位置がぽこんと開いてて「わぁお!なんとラッキー!!!!!」
開演15分前。当選券持ってない人にも、立ち見エリアが開放された。みな、城に近い方向へ目を奪われて押し寄せ、後ろのほうに居たカップルがわが家族の隣に。

”ぅわぁ!こんな混雑日に、開演15分前にここに来て、こんな場所を確保できるとはなんとまぁ!!!我が家以上にウルトララッキーな人たちだなぁ!”
・・・と思ってたら、カップルの男性がぶつぶつ言ってる。「なんで抽選鑑賞席があるってこと、案内放送したり看板立てたりしないんだ?」(え!公式HPでも案内してるし、入口で配布してるガイドにも書いてあるんだけどなぁ)
私、思わず話しかけました。「・・・いやぁ、抽選制じゃなかったら、朝から場所取りしないと、こんな場所で見れないですよ!ここに居る数万人の中で、お二人が一番ラッキーかも。ここは特に撮影にはベストな場所だと思いますよ!」
「そっか!(と顔が輝く)・・・(すぐ曇って)でも、カメラ通してみるのって、肉眼で見るのと違うしなぁ・・・」

この数秒間の、二人の表情の変化を見てわかりました。
はっはぁ!!!彼は今、幸せで居たくないんだな!
”彼女の望みにつきあって、犠牲を払ってあげている不幸な俺”になって、彼女に貸しを創りたいんだな(^^)
彼女に気を使わせることが、今の彼の満足なんだなぁ・・・

どんなに幸運に恵まれた人でも、当人が「不幸だ」と思いたがってれば、不幸なんですよね・・・
ちなみに彼、フィナーレのはじまり、”ちゃらちゃちゃっつちゃちゃぁあ~”と華麗な衣装に着替えた出演者が勢ぞろいするところでビデオテープが終わり、「ああ!これからが良いところなのにっ・・・」と、不幸のどん底に。うつむいちゃってます。
(打ちひしがれてる暇があったら、肉眼でステージ観れば良いのにねぇ・・・)
・・・行き当たりばったりで、下調べも準備もせずに、好天の下、ミニーの夢まできれいな撮影が出来た。
   こりゃぁ「奇跡に近い幸運」だ、と私は思ったのでありました・・・(^^;;;。


逆に。フランクルが「夜と霧」で書いてるように、ユダヤ人強制収容所という不運で過酷な環境下でも、人間は尊厳と幸せを感じることができる。
私も、父の突然の死にあたり、「この父の息子として生まれてきてよかった」・・・と想った瞬間、とてつもなく大きな感謝が津波のように湧き上がってきて、かつてないほどの幸せを感じました。
幸せって、どんな状況でも訪れうる。自分次第。運・不運と関係なく、いつでも、どこでも味わえる。執着を手放し、心の望みに沿って、今を味わいながら生きて居れば。

もっと正確に言うと、幸せってどこかから訪れる「もの」ではなく、「あり方」。だから、自分で「幸せ」というあり方を選ぶことができる。
環境や状況と関係なく(持ち物や行動はまったく自由にならない強制収容所でさえ、個人のあり方だけは自分で選びとることができた)。
選ぶ必要がある。幸せでありたいなら。

TDRは幸せの具現化のために、人智を尽くして運営されている。
そこに集まる人も、幸せを味わうつもりでやってくる。
だから、いろんな幸せに出会い、いろんな不幸せに出会う。
どうあれば幸せなのか、体験的に学ぶことができる。
執着を手放すこと、心の望みに沿って今を味わいながら生きることに、上達できるチャンスがある。
練習場としては最適の場。「幸せ」の巨大シミュレーター。

関連記事リンク
TDRの魅力
戦争反対を叫ぶよりも効果的なこと
舞浜狂 - 舞浜という聖地の共有感覚
ついてる!ついてない・・・
ライブショーと観客

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.01

Jack's Lament: まったりするのが王道

「ディズニー・「まったり」ズム」に賛同っ!
そう!まったりするのが王道なんです!!!パークの楽しみ方の真髄!!!!!

連想したエピソードを2つ。それぞれ加筆します。
TDRの魅力・・・まったく理解できなかった彼の言葉。でも、よもや我が身がそうなるとは・・・預言ですね(^^)
パークの魅力って伝授・・・できる?できる!・・・18:10-19:30のコース、雨の夜の散策とおみやげ物探しに、とってもお勧めです。風情があって、ゆっくりできて、いいもの・変わったものがたくさんあって・・・。クリスタルアーツの近くには、香りのお店と紅茶のお店もあります。ウエスタンランドでブーツを見るもよし。大混雑のグランドエンポーリアムでギスギスするのと違って、ゆったりした時間を楽しめますよ!

6/8追記 ディズニー・「まったり」ズム実践モデルプラン TDS編を作成しました。

あと、以前2chに書いた、客観的に観て超ラッキーなのに、不幸で居たくてしょうがない男性のお話も連想(^^)こちらはJackさんのそれは一通のメールから始まったと関連深そうだなぁ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »