« 今日の舞浜日記 | トップページ | ディズニーシーシンフォニー最終楽章初日 »

2004.03.04

新人の投入タイミング

去年の夏。仲良くなったキャストさんが「実は、夏休み前で退職します。」
「えっ!ベテランさんだし、繁忙期前にやめちゃぁ職場が大変なんじゃないですか?」
「繁忙期が来る前にぼくが新人を育てて、居なくても丈夫な状態にする。そういう方針なんです。」
つくづく感心しました。

自分の勤め先でよくあるのは、こんなパターン。
繁忙期に人員を増強する=新人を投入する。未習熟なまま大量の業務がどどんと降りかかる。ミスが出る。周囲はフォローにエネルギーを使う。新人もそれを負担に感じて、えてして長続きしない・・・。実はこれって、すっごく不経済なんですよね。

繁忙期前に人数が多い。少し減った状態で繁忙期を迎える。なかなか出来る事じゃありません。でも、合理的。すばらしい。
実働工数の調節は、出勤日数でやっているんだろうなぁ、たぶん。

|

« 今日の舞浜日記 | トップページ | ディズニーシーシンフォニー最終楽章初日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13349/259639

この記事へのトラックバック一覧です: 新人の投入タイミング:

« 今日の舞浜日記 | トップページ | ディズニーシーシンフォニー最終楽章初日 »