« ミート・ザ・ワールド閉鎖に寄せて | トップページ | ミート・ザ・ワールド最終日(2002/6/30)レポ2 »

2004.01.27

ミート・ザ・ワールド最終日(2002/6/30)レポ1

今、ディズニーランドから帰ってきました。

開園前。チケットブースでは、ミートザワールドの最終日である旨、繰り返し放送されていました。


まず午前中に1回鑑賞。
その回は空いていましたが、いい雰囲気でした。


ビジョナリアムやメインストリートシネマ・タウンクロージャーズにも別れを告げ、久しぶりのTDLを堪能して・・・


21時少し前に、ミートザワールド前へ向かいました。
オムニバス乗り場から坂を上って・・・あれ?静かだな???まさか、誰も居ないの?????
入り口が見えてきました。黒山の人だかりです!!!何百人居るんだろう?!?!?
びっしり人が居るのに、穏やかなんです。皆さん、最終公演を目指している様子。
我が家はキャストさんの先導で、人波をかきわけ、21:06着席開始の回(たぶん)をラストミートにしました。
その座席での最終公演には違いありませんし・ね(^^)。

座席は半分位、埋まっていたと思います。
キャストさんの前説が終わると、万雷の拍手。(全員が本気で拍手すると、あんなに大きく響くものなんですねぇ・・・)。
そして、静まり返ってステージを見つめます。
座席が回転し、シアター2へ。
歌にあわせて、大きな手拍子が起こりました。歌声も(含む私(^^;;;)。大合唱にこそなりませんでしたが・・・。
鉄砲伝来のシーンでは笑い声も。
シアター3へは、手拍子はすぐに消え、かすかな歌声とともに、静かに移動し・・・。
そして、シアター4へ。手拍子がとどろきます。
「OISO」のTシャツで起こる笑い声(^^)。
「すべての人が・・・・・」は、私、声が詰まってしまい、歌になりませんでした・・・・・。ただただ手拍子・・・・・。

盛大な拍手と歓声の中、気球が飛び去りました。
「19年間、ありがとうございました。この後も東京ディズニーランドで楽しいひと時をお過ごしください。」のアナウンス。割れんばかりの拍手。開くドア。
キャストにお辞儀や拍手をしながら劇場を出るゲスト。
「こんなに大掛かりなアトラクションだったんだねぇ」・・・そんな感想も聞こえました。

その場を立ち去りがたくて。
・・・実は、カメラのレンズキャップを紛失して、一生懸命さがしてたんですが(^^;;;
結局、ズボンのポケットの奥底に(^^;;;;;;
お騒がせしました>キャストさん
そんなにも大きく動揺してしまった・・・ということで勘弁してくださいませ。

出口前には、たくさんの人が。
向かいの階段にもカメラを構えた人がズラリ。
最終公演が終わり、扉が閉まります。
キャストさんが5人ほど、扉の前に並んで、お辞儀を。
盛大な拍手と、たくさんのフラッシュ。


・・・22:15に通りかかったときには、
もう静かでした。
とはいえ、別れを惜しむゲストが10人ほどは居たでしょうか。
私も、噴水の写真を数枚撮って、帰途に着きました。


・・・長文になってしまいました。
端的に感想を述べられるほど、整理がついていないんです。
映像のぶれ・ボケを見ると、もはや待ったなしで、大がかりな更新が必要だったんだろうなぁとは思いました。
70mm映写機の部品も、もはや入手困難なのかもしれません。
それでも、「ミートザワールド」のメッセージは、伝え続けて欲しい。
ドリームライツに「ミートザワールド」ユニット創っちゃうとか、やじきたコンビをドナルドとグーフィーにするとか。

ただ、不思議なのは喪失感がないことです。
私の中にあの歌が、深く染み入ったから・・・なのかもしれませんね。

|

« ミート・ザ・ワールド閉鎖に寄せて | トップページ | ミート・ザ・ワールド最終日(2002/6/30)レポ2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13349/141644

この記事へのトラックバック一覧です: ミート・ザ・ワールド最終日(2002/6/30)レポ1:

« ミート・ザ・ワールド閉鎖に寄せて | トップページ | ミート・ザ・ワールド最終日(2002/6/30)レポ2 »